DRONE

レット、スマート農園を長崎県雲仙市で運営開始

レット、スマート農園を長崎県雲仙市で運営開始

株式会社レットは、長崎県雲仙市の大規模農家である株式会社マルヨシと提携し、スマート農園である「レット農園」の運営を開始する。

最先端テクノロジー(AI・ドローン・ビッグデータ・ロボット・IoT・衛星データ等)を取り入れた未来の農業の在り方と、生産段階に置ける未来の食を模索していく。

レット、長崎県雲仙市でスマート農園の運営を開始

レット農園で想定する主な取組例

  1. 人工知能×農業:AIを活用した収穫時期の予測、画像認識による病害虫情報の自動検出
  2. ドローン×農業:ドローンによる農薬・肥料の散布、作物の生育状況のモニタリング
  3. ビッグデータ×農業:ビッグデータの解析による効率的な栽培管理手法の確立
  4. ロボット技術×農業:農機ロボットの自動操縦技術による省力化、収穫作業の無人化
  5. IoT×農業:IoTセンサーを活用した水やり、収穫作業の自動化
  6. 衛星データ×農業:衛星データ解析による農作物の生育状況の大規模モニタリング

同社はスマートフォンひとつで規格外品や在庫過多の食品を簡単に取引できる仕組みを通して、食品ロス問題に取り組んでいる。今後は、食の流通段階だけではなく、生産段階においてもテクノロジーを活用し、未来の食の在り方を広く研究するという。

djimini3pro
Return Top