DRONE

GITAI、10m級宇宙船外作業用ロボットアーム「GITAI S10」開発

GITAI、10m級宇宙船外作業用ロボットアーム「GITAI S10」開発

GITAI Japan株式会社は、宇宙船外作業用の10m級大型自律ロボットアーム「GITAI S10」を開発した。宇宙ステーションにおける大型モジュール建設や貨物輸送機とのドッキング等で活用できるという。

GITAI S10は、宇宙用ロボットアーム開発に必要なハードウェア、エレクトロニクス、ソフトウェア等の要素技術を一気通貫で開発する事により、作業ニーズに短期間で答えられる柔軟性を実現している。

開発から半年以内でTRL3(技術実証のデモンストレーション)相当の実証試験に成功。宇宙ステーション船外を移動し、建設・点検・修理を行うことを想定したロボットアームの自律的な移動、貨物補給宇宙機とのドッキングや積み荷の取り出しを想定した捕獲・接続を確認した。

2023年3月には、TRL6(地上でのシステムとしての技術成立性の確認)の達成を目標とし、擬似的な無重力環境である水中実験施設にて、同様の実証試験実施を予定しているという。

djimini3pro
Return Top