DRONE

JAL、三菱地所、兼松、東京都の空飛ぶクルマ活用サービスの社会実装を目指すプロジェクト参画

JAL、三菱地所、兼松、東京都の空飛ぶクルマ活用サービスの社会実装を目指すプロジェクト参画

日本航空株式会社、三菱地所株式会社、兼松株式会社は、東京都の「都内における空飛ぶクルマを活用したサービスの社会実装を目指すプロジェクト」の公募に対して提案を行い、採択された。

同プロジェクトは、2022年度に都心の主要な拠点を結ぶ移動サービス(都市内アクセス)、空港からの二次交通(空港アクセス)、離島地域における移動サービスや遊覧飛行など、都内での様々な空飛ぶクルマのビジネスモデルを検討し、2023年度にヘリコプターによる運航実証、2024年度に空飛ぶクルマによる運航実証、離着陸場オペレーションの検証を行い、運用の課題や収益性などを検証するという。

プロジェクト概要

2022年度:実装に向けた課題や解決策の整理、ビジネスモデルの調査

  • 建物が過密して立地する都内において、空飛ぶクルマの高密度・高頻度な運航を可能にする離着陸場の設置場所、各種与件、実装にあたっての課題整理
  • 想定される路線における売上や運航コスト、将来の事業拡張性を試算し、都における市場規模や事業持続性の検証

2023年度:ヘリコプターによる都市内アクセスおよび遊覧飛行の実証

  • 三菱地所が保有、運営する施設を中心に2箇所のヘリポート設置を検討し、遊覧飛行やヘリポート間の移動・チャーター便を提供
  • 空飛ぶクルマによる移動サービスの事業性の検証

2024年度:運航実証

  • 2023年度運用したヘリポートを中心に、海外で空飛ぶクルマ用離着陸場の設置・運用事業を展開するSkyports社の協力のもと、離着陸場の設置を検討。空飛ぶクルマの運航実証および地上オペレーション(離着陸管理・シミュレーション、チェックイン・保安検査、周辺安全管理・監視)の検証
djimini3pro
Return Top