DRONE

ANRA Technologies、複数社ドローン機体を同時運用。位置情報をリアルタイムに確認成功

ANRA Technologies、複数社ドローン機体を同時運用。位置情報をリアルタイムに確認成功

米国のUASサプライヤーであるANRA Technologiesは、他社製ドローンを含めたドローンのライブトラッキングを、インド領空でデモンストレーションを行った。

デモでは、ANRA Technologiesのほか、ideaForge、Asteria Aerospaceの合計3社の各ドローンを、ソフトウェアプラグインによって統合。ANRA TechnologiesのSmartSkies Tracker Platformを使って接続され、許可されたユーザーは首都圏とBangaloreで同時に行われているドローン運用をリアルタイム確認・追跡できたという。

ANRA Technologies、複数社のドローンのライブトラッキングを実演。位置情報などリアルタイム確認に成功

小型ドローンは、レーダーなどの従来の方法では追跡が難しい上、あらゆるドローンが遠隔測定をネットワークに送信・共有するソリューションで接続されているわけではない。 この課題に対し、ドローンのコントロールステーションにあるソフトウェアプラグインや、ドローンの位置やその他の関連情報を定期的に電子的に共有するハードウェアを使用することで、飛行に関する選択肢を増やせるようになるという。

ANRA Technologies の創業者兼CEOであるAmit Ganjoo氏は、次のようにコメントしている。

本日、インド政府にとって重要な運用上の懸念に対応するトラッキングおよびリモート IDソリューションを実証し、インドのドローン産業にとって新たな一歩を踏み出すことができました。私たちのTrackerプラットフォームはネットワークベースなので、インド国内のどこの承認されたユーザーも、統合されたドローンの追跡を見ることができます。

ideaForgeのCEO兼共同創設者のAnkit Mehta氏は、次のようにコメントしている。

遠隔IDのための様々なソリューションを実世界でテストすることは、ドローンOEM、オペレーター、規制当局に目的を提供する遠隔IDエコシステムに到達するための重要な第一歩となる。ストラップオンデバイスを使用することで、業界関係者がインドの無人空域でリモートIDエコシステムを構築するための正しいアプローチを推奨するのに役立つ主要な洞察を導き出すことができました。

djimini3pro
Return Top