DRONE

JAL、KDDI、複数ドローンを1人で運航する1対多運航の技術開発開始

JAL、KDDI、複数ドローンを1人で運航する1対多運航の技術開発開始

日本航空株式会社とKDDI株式会社は、ドローンの社会インフラ化に向け、1人の操縦者が複数のドローンを運航する「1対多運航」の技術開発を開始する。

同取組みは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が推進するプロジェクト「次世代空モビリティの社会実装に向けた実現プロジェクト」における「ドローンの1対多運航を実現する機体・システムの要素技術開発」に対して提案を行い、採択されたことを受けて実施する。

実施概要

  • 複数ドローンの飛行に対応したシステム、オペレーション要件の検討
  • 1対多運航に対応した飛行制御システムの開発
  • 飛行実証に向けた許認可の取得
  • 複数空域における複数ドローンの同時飛行を想定した実証
  • 1対多運航の事業性検証

物流ユースケース検証

鹿児島県大島郡瀬戸内町を起点として、本島及び二次離島等で物流需要のある地点をピックアップし、ドローンの航続距離及びルートの効率性などを検討した上で、日用品・災害救援物資・緊急時の医薬品輸送を自動航行する。

  • 1対多運航を実現するために必要な安全性評価手法
  • オペレーション要件
  • 複数機体飛行に対応した飛行制御システム及び飛行要件
  • 1対多運航を行う上での事業費用及び損益分岐点

警備ユースケース検証

広域施設・設備を警護対象として想定し、自動航行にて実施。シングルオペレーターで管制卓から複数台の警備ドローンを制御し、広域巡回警備及び巡回中の緊急時対応を検証する。

  • 1対多の巡回警備運航
  • 1対多運航下における突発的運航変更(不審者追跡等)
  • 1対多運航時における他事業者運航機体との干渉時対応
Return Top