DRONE

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定

CFD販売株式会社が代理店を担うQYSEA社の水中ドローン4製品「FIFISH V6」「FIFISH V6 EXPERT」「FIFISH V6 PLUS」「FIFISH W6」が、水産庁の「水産業のスマート化推進支援事業」の助成対象機械として認定された。

同事業は、国産農林水産物の需要増加への対応を進めるため、生産性向上に資するスマート技術の全国展開に向けてサービス事業体が行う技術導入、農林漁業者が行うスマート機械の共同購入・利用、生産条件に合わせた機械のカスタマイズの取り組みなどを推進する。要件を満たしていた場合、助成率1/2~2/3、補助上限額1,000~1,500万円の助成を受けられるという。

助成対象機種

FIFISH V6

4K UHDカメラを搭載したコンパクトサイズの全方位水中ドローン。様々な方向への姿勢維持が可能、直感的に操作できる。

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定

FIFISH V6 EXPERT

法人仕様に特化した水中ドローン。40種類以上の産業用オプションパーツが搭載でき、高光量6000ルーメンのLEDライトと、166°の超広角領域4Kレンズにより水中でも鮮明な撮影が可能。

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定

FIFISH V6 PLUS

距離ロックソナーとレーザースケーラーを標準搭載した水中ドローン。ロボットアームや水質センサー、デュアルカメラなど、産業用途のオプションアタッチメントに対応。最大150mの潜行ができ、深い水中での作業に適している。

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定

FIFISH W6

最大潜行深度350m、パワフルなQモーター搭載、海洋環境でも安定性を保つハイエンド産業用水中ドローン。Dual 4Kカメラを搭載し、上下に広い視野を確保できる。測量オプションやイメージングソナーを搭載することも可能。

CFD販売「FIFISHシリーズ」、水産庁のスマート化支援事業の助成対象に認定
Return Top