DRONE

Osmo Action 3発表。縦型動画にも対応したアクションカメラ登場

Osmo Action 3発表。縦型動画にも対応したアクションカメラ登場

DJIは、アクションカメラ「Osmo Action 3」を発表した。希望小売価格はOsmo Action 3標準コンボ(単体)が税込47,300円、Osmo Action 3アドベンチャーコンボが税込66,000円。

過酷な環境に対応したエクストリームバッテリー

Osmo Action 3には最大160分間録画できる1770mAhのエクストリームバッテリーを搭載。-20℃という低温にも対応し、アクションカメラとしては初の急速充電にネイティブ対応。わずか18分で0~80%までの充電に対応し、50分で完全充電が可能。またOsmo Action 3エクストリームバッテリーが初めから付属しており、別途購入する必要がない。

これからの冒険の撮影に欠かせない縦向き撮影

昨今のSNSでは縦向き撮影への対応は欠かせない。Osmo Action 3は縦向き撮影にも対応したマウントシステムを内蔵し、ハンドルバーやヘルメットなどにカメラを瞬時にしっかりと取り付けられる。

さらにDJI Action 2で採用したクイックリリースシステムを最適化。強化されたロッククリップと位置決めノッチを搭載し、耐衝撃性が大幅に向上しているという。新搭載の保護フレーム(水平&垂直取り付け)は、このクイックマウントテクノロジーを用いて、SNS投稿に最適な縦向き撮影を可能にする。

ダイナミックに捉える強力な映像性能

同カメラには、最先端のハードウェアとソフトウェアが搭載され、ダイナミックなライフスタイルの撮影ニーズに対応できるとしている。4K/120fps5撮影に対応した1/1.7インチのイメージングシステムは、155°の超広角FOVを提供し、ワールドクラスのEIS(電子式映像ブレ補正)を複数搭載。熱管理システムの向上により、バッテリー残量がゼロになるまで4K/60fpsでの連続録画が可能になり、多くのアクションカメラでよく見られる過熱問題を解消するという。

D-Cinelikeカラーモードは、動画、スローモーション、タイムラプスモードで利用でき、ポストプロダクションでの編集スペースをもっと確保したい人々のニーズを満たす。さらに深い水中へ冒険したい人のために、Osmo Action 3は水深16メートルまで、防水ケース装着の状態で水深60メートルまでの防水性に対応している。

RockSteadyによる安定した滑らかな映像

これまで映画撮影や空撮で変革を起こしてきたDJI製品の映像ブレ補正技術が、Osmo Action 3にも搭載。ダイナミックな撮影シナリオに応じて、独自のEISオプションが3つ搭載されている。

  • RockSteady3.0:あらゆる方向のカメラ揺れを効率的に補正。最大4K/120fpsでの撮影に対応し、臨場感あふれる一人称視点で安定した動画を撮影できる。サイクリングや移動中のハンドヘルド撮影など、スポーツ特有のシーンに最適な映像ブレ補正を実現
  • HorizonSteady:全方向のカメラの揺れを補正し、さらにどんなに傾いていたとしても水平を維持するよう補正。激しい衝撃や360°の回転でも映像を水平に保つことができ、サーフィンのような複雑な動きの場面でも、後編集なしで完璧に水平維持ができる
  • HorizonBalancing:4K/60fps動画撮影に対応し、45°以内の水平方向の傾きを補正し、安定した動画を撮影できる。RockSteadyとHorizonSteadyの中間に位置するこのモードは、一人称視点で撮影する障害物レースなど、ダイナミックな環境でスムーズな4K映像を優先する場合に最適

迫力ある映像にぴったりの大きくクリアな音声

同カメラは、激しいアクション向けの頑丈なカメラというだけでなく、Vlogや映像配信にも最適なカメラだという。デュアルタッチスクリーンを搭載した初のアクションカメラで、前面・背面のどちらからでも設定画面にアクセスすることができ、どんな映像を撮影するときもカメラを最適な位置に保つことができる。

3つのマイクを使用したステレオ録画により、風ノイズが低減され、映像のオーディオ品質を向上。Wi-Fiライブ配信は1080p/30fps、720p/30fps、480p/30fpsに対応し、配信中に録画を一時停止できる。UAC/UVCウェブカメラに対応し、電話会議やライブ配信向けに高画質の動画/オーディオを提供する。

Return Top