DRONE

IO、eVTOLドローンがテスト飛行に成功

IO、eVTOLドローンがテスト飛行に成功

Undefined Technologiesは、eVTOLイオン推進ドローン、Silent Ventus™が、予測された飛行時間と揚力を満たすテスト飛行に成功し、新しいデュアルユースの貨物輸送ドローンにとって、大きなマイルストーンとなったことを発表した。4分半の飛行中、航空機は定常状態に達する以上の飛行性能を実証し、高効率の電力供給システムと75dB以下の騒音レベルを実現した。

Undefined Technologies CEO Tomas Pribanic氏は、次のように述べている。

私たちは、1年間、機体の冷却システム、バッテリー寿命、アビオニクス、騒音低減技術に関する多くの技術的課題を克服するために、この上昇軌道に乗り続けています。このマイルストーンにより、イオン推進技術を大気圏内で使用できるようにするという当社のビジョンが確かなものになりました。この画期的な技術を次の開発段階に移行させるために、絶え間なく努力を続けてきた当社の熱心なチームを非常に誇りに思います。

同社は、来年末までに騒音レベル70dB以下の飛行時間15分のフライトを実現し、ラストマイル貨物配送分野の騒音規制を克服することを目標としているという。

航空機の中核は、「イオンブースター」と呼ばれるもので、現在のイオンスラスター技術に比べて最大150%という高いレベルの推力を得るため、イオン雲を発生する。

Undefined Technologies Lead Aerospace Engineer Thomas Benda Jr.は次のように述べている。

この4分以上の飛行には、より高いエネルギー密度を実現するための電池の化学組成の進歩が必要でした。この改良は、軽量化を目指す私たちの取り組みの一環です

民間および軍事用途のeVTOL船を商業化するためのインフラと人材があることを実証している。2024年にシリアルドローンを開発することを目標とし、連邦政府および民間企業から資金調達を開始する予定。

Return Top