DRONE

ソニー、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」で宇宙感動体験事業「STAR SPHERE」を出展

ソニー、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」で宇宙感動体験事業「STAR SPHERE」を出展

ソニーグループ株式会社は、10月14日〜11月3日、東京ミッドタウンで開催されるデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」に出展する。

「君は宇宙で、どう遊ぶ?」をテーマにしたソニーブース「PLAY SPACE.」では、宇宙感動体験の創出を目指すプロジェクト「STAR SPHERE」が開発を進めている衛星撮影体験「Space Shooting Lab」やパネルを展示。宇宙を感じる没入型プロトタイピングを一般向けに初公開する。また、様々な領域からアーティストやクリエイターをゲストスピーカーに招き、宇宙をテーマとしたワークショップの開催を予定している。

開催概要

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022

  • 日程:10月14日〜11月3日
  • 時間:11:00〜21:00
  • 場所:東京ミッドタウンアトリウム
ソニー、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」で宇宙感動体験事業「STAR SPHERE」を出展

展示内容

Space Shooting Lab

人工衛星のミッションコントロールセンターのようなパネルやディスプレイを持つ撮影シミュレータを操作することで、衛星の魅力を感じることができるコンセプトブースを一般向けに初公開する。大画面に映し出された宇宙や地球の情景を確認しながら、撮りたい場面を探し撮影することで、人工衛星からの撮影疑似体験ができる。

超小型人工衛星の実物大模型

2022年冬に打ち上げ予定の超小型人工衛星の実物大模型を展示。

ソニー、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」で宇宙感動体験事業「STAR SPHERE」を出展

SPHERE VERSE

会場に設置されたQRコードを読み取り、スマートフォンやパソコンのブラウザからアクセス、アバターを操作することで、メタバース空間でコミュニケーションやアクティビティを楽しめる。アバターはカスタマイズ可能。

Space Generative Music

画面上に表示された宇宙や地球の映像をジョイスティックで操作しながら視点を動かしたりズームしたりすることで、操作に応じた音やBGMの変化をリアルタイムに楽しめる。

実験的宇宙アート挑戦コーナー

新たなアートやカルチャーの世界を築くプラットフォーム「POST-FAKE」とのコラボレーションで、宇宙をテーマに、トークセッションやライブペインティング等のパフォーマンスを繰り広げる。宇宙とアート・エンタテインメントの可能性を探る実証実験の事例も紹介する。

Space UX TV Stage

200インチの大型ビジョンで「PLAY SPACE.」のキービジュアルをはじめ、宇宙の映像と音楽、ミュージッククリップ、アーティストのメッセージを投影。一部の時間帯では、大型ビジョンの前で特定のジェスチャーをすることで、アバターとして画面上に反映される。

PLAY SPACE. DIGITAL YOSEGAKI

「宇宙をどう遊ぶ?」の問いに来場者やウェブからの参加者がクラウド上の寄せ書きシステムにアイデアを書き込むことで、会場にあるディスプレイ上に共有することが可能。

Return Top