DRONE

Amazon prime air 、新型ドローンMK30発表

Amazon prime air 、新型ドローンMK30発表

Amazonのドローンに配送Prime airは、実現するために10年近く取り組んできた。注文し、配達まで1時間以内に5ポンド以下の荷物を顧客に届けることができるドローンを独自開発した。カリフォルニア州ロックフォードとテキサス州カレッジステーション今年後半でPrime Airの配達を開始することを発表している。

Amazonは、今回次世代デリバリー・ドローン「MK30」を発表した。2024年の就航を予定しているこのドローンは、LockefordとCollege Stationでテスト配達を行うMK27-2よりも軽量・小型化されていいる。MK30は航続距離の増加、温度耐性の拡大、安全性を重視した機能、小雨でも飛行できる新機能を備えており、頻繁にドローン配送を選択可能にした。航続距離が伸び、温度耐性が拡大し、小雨でも飛行できる可能になった。

中でもドローンのノイズ低減は、ドローン開発陣には、重要なエンジニアリングの課題だ。Prime Airの開発チームは、カスタム設計の新しいプロペラを開発し、MK30の知覚騒音をさらに25%低減することに成功した。他の航空機、人、ペット、障害物を安全かつ確実に回避しながら、ドローンをより遠くまで運行可能にするために開発をしている。

飛行中のリスクをすべて排除することは不可能だが、航空宇宙分野で実績のあるアプローチで、システムに安全性を設計し、MK30は、その安全性と信頼性を証明するために、連邦航空局など国の航空宇宙当局による厳格な基準を満たスト発表されている。

17年前、Amazon Primeの「2Day Delivery」プログラムを開始したとき、それは革命的だと思われました。数日のうちに、欲しい場所に荷物を届けるということは、エキサイティングで新しい試みでした。

以来、私たちは新技術を開発し、物流ネットワークに投資することで、2日後、1日後、さらには当日中にお客様のもとに荷物をお届けできるようになりました。

膨大な種類の商品を1時間以内に、そして最終的には30分以内に、持続的に大規模に配送するためには、ドローンが最も効果的で最適と言えるのです。

 

と担当者は語る。Prime AirにMK30が導入されるのは、2024年とされている。

Return Top