DRONE

サグリ、福井県主催「CO-FUKUI 未来技術活用プロジェクト」に採択。作付け調査アプリ「デタバ」を提供

サグリ、福井県主催「CO-FUKUI 未来技術活用プロジェクト」に採択。作付け調査アプリ「デタバ」を提供

サグリ株式会社は、福井県が主催するCO-FUKUI 未来技術活用プロジェクトに採択され、衛星データとAIを活用し作付け調査を効率化するアプリケーション「デタバ」のサービスの実証実験を開始した。

今回の実証実験の背景と内容

福井県では、県民の暮らしの質を維持・向上させていくため、デジタル技術などの未来技術を積極的に活用して、生活、産業、行政分野のDXを推進し「スマートふくい」の実現を目指している。その中で農林水産、特に小浜市では営農計画書に基づく転作確認、農業委員による遊休地発生の農地パトロールなど農地や農用地の現地確認に多くの時間を要する現状がある。

また、職員の減少や業務量の増加に伴い、現地確認に費やす負担が増加しており、ドローンや衛星画像をAI技術により画像解析を行い、農地や農用地の現状確認を省力化することや衛星画像を活用した農地台帳システムの構築をすることが急務となっている。

そこで、サグリはCO-FUKUI未来技術活用プロジェクトに採択されたことを受け、衛星データとAIを活用し作付け調査を効率化するアプリケーション「デタバ」を提供し、これまで目視で行われてきた作付け調査作業をプロジェクトの一環として大幅な調査負担軽減化を目指すとしている。

CO-FUKUI未来技術活用プロジェクトとは

221121_sagri_01

福井県は、デジタル技術等を積極的に活用し、仕事やくらしを生産性高く、より魅力的で豊かなものへと変革していく「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」を推進し、県民のくらしの質を高める「スマートふくい」の実現を目指している。

CO-FUKUI未来技術活用プロジェクトでは国内外の企業の革新的な技術・サービスの実証プロジェクトを誘致することで、地域課題の解決が行われ、福井を大胆に変革し、次の時代に新しい価値を創造することを目的としている。

交通、防災・環境、健康福祉、産業、農林水産、教育、行政、観光・文化、その他の9つの事業領域に分類されたテーマに基づき地域課題解決実証プロジェクトに採択された企業が福井県内で実証実験を行う。

Return Top