DRONE

日本化薬、ドローン「レベル4」普及に向けパラシュートとエアバッグを用いた実証実験を12月3日実施

日本化薬、ドローン「レベル4」普及に向けパラシュートとエアバッグを用いた実証実験を12月3日実施

日本化薬株式会社は、自社で開発する産業用ドローン向けの安全装置「緊急パラシュートシステムとエアバッグシステム」を用いた実証実験を、2022年12月3日に神戸学院大学ポートアイランド第1キャンパスで実施する。

同社の「ドローン用パラシュート装置とエアバック装置を用いることによる人口集中地区でのドローン社会実装促進事業」は、兵庫県と公益財団法人新産業創造研究機構(NIRO)が実施する「令和4年度ドローン社会実装促進実証事業」に採択されており、その一貫として本実証実験を行う。

本実証実験を通してドローンの安全装置の効果を明確にすることにより、これまでドローンの産業使用を躊躇していた業界や場所(市街地)で安心して導入できるようにすること、そして2022年12月に施行されるレベル4飛行の社会実装促進の一助となることを目指すとしている。

実証実験概要

■実証実験名

ドローン緊急時の安全装置であるパラシュートとエアバッグの有効性検証実験

■​実施日

2022年12月3日(土)
※雨天の場合は2022年12月17日(土)の同時刻にて実施予定

10:30-11:00 開場
11:00-11:30 実証実験説明会/質疑応答
11:30-11:35 実験会場へ徒歩移動
11:35-12:00 実証実験の実施及び取材

■場所

神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス(〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3)

実証実験説明会会場:D号館1階D102講義室
実証実験実施会場:イベントパーク

実施内容

  • 産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム「PARASAFE」と開発中のエアバッグシステムを搭載したドローンを飛行させ、飛行ロガーを用いて飛行ログの取得を行う
  • 「PARASAFE」搭載のドローンを落下させ、パラシュートとエアバッグによって落下衝撃を緩和できる効果を確認

本実証実験で使用するシステム及びドローンについて

■パラシュートシステム

製品名:PARASAFE PS CA12-01
最大離陸重量:25kg
外形寸法:Φ130×H154mm
本体重量:1kg
パラシュート面積:11m2
降下速度(理論値):6m/s
最低展開高度:30m以上


■エアバッグシステム

エアバッグ外形(収容時):L0.3×W0.4×H0.05m
エアバッグ外形(膨張時):L1.0×W1.0×H0.4m
重量(バッテリーを除く):〜750g
エアバッグ展開時間:〜5.0秒
膨張方式:ファン
動力源:バッテリー


■ドローン

メーカー:株式会社プロドローン
名称:汎用型ドローン
モーター軸間:1000mm
サイズ(各安全装置を含まない):700x700x410mm
離陸重量:8.07kg
ペイロード(各安全装置を含まない):2.5kg
飛行可能時間:約15分

Return Top