[国際ドローン展:自律制御システム研究所]距離100km、速度150kmを目指す垂直離着陸用ドローン試作機も展示

2015-05-21 掲載

自律制御型ロボットの研究開発/販売/コンサルティングを行っている自律制御システム研究所(千葉市稲毛区)は、普及型量産機仕様のドローンMINI SURVEYOR(ミニサーベイヤー)MS-06LAを出展した。MS-06LAは、バッテリー低下や無線途絶、異常検知時における自動帰還や自動離着陸、ウェイポイント飛行などに対応し、カメラジンバル制御やカメラコントロールなどをカスタム機能として追加できるオートパイロット機能を搭載している。現在、多重化、防塵化が可能な小型モデルのオートパイロット2.0ユニットを開発中だ。

DRNEXPO_JRT_001

MS-06LAをベースに研究開発をしている農薬散布型のMA-06LLと、2016年春に提供予定のインフラ点検型についても開発機を参考出展した。研究段階のドローンとしては、バッテリー交換を自動で行う原発調査用モデルや、長時間ホバリング運用を可能にする有線給電方式小型ドローンも紹介した。より長時間長距離を飛行できるドローンとして、フルカーボンの固定翼型フォルムに垂直離着陸用プロペラを搭載した試作モデルを参考出展。距離100km、速度150km/hを目標に研究開発を続けているという。

DRNEXPO_JRT_002

ブースでは、東京海上日動火災保険がマルチコプター/ドローン用の保険を提案。これまでは対人対物補償の保険しかなかったが、墜落や水没などの本体損傷/全損においても修理価格/機体価格の90%まで補償する物損補償にも対応したことをアピールしていた。

関連する記事

自律制御システム研究所、2018年12月21日上場。国内ドローン業界では初。

自律型ドローンベンチャーの自律制御システム研究所(以下:ACSL)が2018年12月21日、東証マザーズに上場した。ACSLは、国産ドローン・ベンチャーによる国内ドローン銘柄では初... 続きを読む

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む