DRONE

[国際ドローン展:構造計画研究所]センサーデータを用いたソフトウェアソリューションを提案

[国際ドローン展:構造計画研究所]センサーデータを用いたソフトウェアソリューションを提案

ドローンからのデータを有効活用

ドローンから得られるセンサーデータを用いたソフトウェアソリューションを提供している構造計画研究所(東京都中野区)は、センサーデータ利活用とデータ通信に関する出展を行った。

DRNEXP_kozo02

センサーデータの利活用面では、橋脚などの点検に活用できる「動画像にによる3次元位置推定・管理システム」を紹介。これまでは、点検で撮影した画像は似たものが多くあり、写真から問題個所を探す手間がかかっていた。このシステムを使うことで、ドローンで撮影した画像から3次元位置の自動推定を行い、センサーと画像データを3次元空間で管理しておき、ある時間間隔をもってドローン撮影した画像データと自動で比較し、経年変化が進んだ個所の特定や評価ができるようになる。

「ドローンdeリレー」として紹介したデータ通信に関する展示は、ドローンを複数台飛ばし、そのドローンを中継局として活用することで、データ通信を行おうとする試みだ。Docomo XI端末を使用して「災害孤立地域と外部との通信路形成実証実験」を行い、メール送受信したことを示した。このほか、ドローンを飛ばす地点の電波利用状況を調べるソフトウェア無線製品とサービスも紹介した。

Return Top