[国際ドローン展:Amuse Oneself]特徴的なデザイン、可変型ドローンZUAV

2015-05-22 掲載

可変型ドローンZUAVに注目!

アミューズワンセルフ(大阪市中央区)は、特徴的なドローンを出展した。同社が特に力を入れているのが、ドローン運用の安全性確保と倫理向上。安全に飛行させるための指標となるルール作りや、操縦スキルの向上、成果物の品質安定化を図るための協会設立を目指していくという。

DRNEXP_AMO_003

ブースの壁に掛けられたドローンαUAVと、ブースに置かれた2機のドローンZUAVは、いずれもプロペラ8枚の構成。主要な制御基板も含めてシステムを冗長化し、4枚プロペラ構成を2重化することで8枚プロペラにし、プロペラ破損やモーター異常の際にも機体を安定させながら降下できるように配慮している。御嶽山や桜島などの火山活動調査、南木曽や那智勝浦の土砂災害調査での活用を紹介したパンフレットを作成していた。

DRNEXP_AMO_002

ZUAVは上下2枚重ねのプロペラ4組による8枚プロペラ構造を採用した。軽量化を優先した現場仕様と、どのような状況でも利用できるガード付き仕様がある。ガード付き仕様は、4つの脚が飛行時には90度回転して、プロペラガードとなるように設計している。脚には複数のLEDが埋め込まれ、上昇/下降時の方向を表示したり、ドローン進行方向が分かるように光ると言う機能などデザイン的にも工夫もされている。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経... 続きを読む