DRONE

[国際ドローン展:Amuse Oneself]特徴的なデザイン、可変型ドローンZUAV

[国際ドローン展:Amuse Oneself]特徴的なデザイン、可変型ドローンZUAV

可変型ドローンZUAVに注目!

アミューズワンセルフ(大阪市中央区)は、特徴的なドローンを出展した。同社が特に力を入れているのが、ドローン運用の安全性確保と倫理向上。安全に飛行させるための指標となるルール作りや、操縦スキルの向上、成果物の品質安定化を図るための協会設立を目指していくという。

DRNEXP_AMO_003

ブースの壁に掛けられたドローンαUAVと、ブースに置かれた2機のドローンZUAVは、いずれもプロペラ8枚の構成。主要な制御基板も含めてシステムを冗長化し、4枚プロペラ構成を2重化することで8枚プロペラにし、プロペラ破損やモーター異常の際にも機体を安定させながら降下できるように配慮している。御嶽山や桜島などの火山活動調査、南木曽や那智勝浦の土砂災害調査での活用を紹介したパンフレットを作成していた。

DRNEXP_AMO_002

ZUAVは上下2枚重ねのプロペラ4組による8枚プロペラ構造を採用した。軽量化を優先した現場仕様と、どのような状況でも利用できるガード付き仕様がある。ガード付き仕様は、4つの脚が飛行時には90度回転して、プロペラガードとなるように設計している。脚には複数のLEDが埋め込まれ、上昇/下降時の方向を表示したり、ドローン進行方向が分かるように光ると言う機能などデザイン的にも工夫もされている。

djimini3pro
Return Top