世界初、ドローンのための飛行場がネバダで開港

2016-01-22 掲載

FAAの発表により、12月21日よりドローンの登録が必要となった。今後ドローンを自由にとばすためには…?ドローン、それはもう未来の秘密道具ではなくなった。私たちはドローンで空撮もできる。上空から様々な情報を発信・受信することもできる。下手をすれば軽く国境だって超えてしまう。2015年12月14日午前、米国連邦航空局は約200gから25kgの間の重さのドローンを所持するには全て登録が必要となることが発表され、12月21日から施行されている。それに加え、ルールとしては空港から8キロ以内、そして空中の高さ約120メートル以上はドローンを飛ばしてはいけないことになっている。いずれにしろ各国で然るべき手順を踏まなければならない。

しかし、これらの規制がなされるなか、ドローンを扱う人たちが安全に、許可を得た場所へ機材を着地させることができるように、史上初のドローン空港、「ドローンポート」がネバダに建設中であることが、AerodromeからIDEで発表された。これまでも確かに飛行試験場は世界各地に誕生してきているが、空港と位置付けは初めてになるという。

この史上初のドローン空港は、2500もの認可済ドローンを扱う米国企業または趣味としてドローンを扱う個人を対象に機材の扱い方、ルールなどを学ぶ機会のために設けられた。このドローン空港はFAA認可済のドローンを飛ばしても良いエリア6つのうちの貴重な1つでもある。更に今後もう1か所、医療面や途上国への物資の配達のために活用されるためのドローン空港がルワンダに設置される予定だ。これは以前こちら([小林啓倫のドローン最前線]Vol.02 世界初のドローン専用空港、ルワンダに建設予定)でも紹介している。

Aerodrome
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[IDE2015]映画界待望のシネマカメラ専用ドローンSHOTOVER U1登場!

SHOTOVER社は映像・報道分野における航空撮影機の開発を行っている企業。SHOTOVER社の提供するジンバル・スタビライザープラットフォームはカメラ機材の抜群の安定性とコントロ... 続きを読む

[IDE2015]UAV-Americaが最大積載量約2.2kg、連続飛行時間1時間の新ドローンを発表

UAV-Americaが、長時間フライトが可能となった新たな無人航空機をIDE2016で発表した。今回発表されたEagle XFは最大積載量が約2.2kg、連続飛行時間が1時間とな... 続きを読む

[International Drone Expo : IDE2015] R2D2が会場内を飛ぶ!

スターウォーズ公開直前、Internatinal DroneEXPO(IDE)会場に、R2D2型のドローンが登場した!おりしもIDE開催期間は公開直前週末。ロサンゼルスコンベンショ... 続きを読む

[International Drone Expo : IDE2015]ドローンの今が分かる展示会がLAで開催!

各社オリジナル機体が勢揃い。多数の機体展示が目立つ 昨年好評を博したDroneExpoが、International Drone Expo(以下:IDE)と名称変更し、12月11... 続きを読む