DRONE

過酷な条件下にも飛行可能なAeryon SkyRanger〜ネクシス光洋 :第2回国際ドローン展

過酷な条件下にも飛行可能なAeryon SkyRanger〜ネクシス光洋 :第2回国際ドローン展

カナダのAeryon(エリヨン)社の国内総代理店を担うネクシス光洋(北海道旭川市)のブース。ネクシス光洋での3年間の販売・運用の中で一度も墜落したことがないというドローン「Aeryon SkyRanger(以下SkyRanger)」の販売・運用支援、及びSkyRangerを用いた空撮や測量等のサービスを提供する。 もともとAeryon社はカナダ政府からの出資を受ける研究機関とのことで、SkyRangerは−30℃〜50℃の稼働環境、最大瞬間風速25mの突風にも耐えるなどの特殊なスペックを持つ。

NEXKOYO_02

操作はタブレットによるシンプルなタッチスクリーンコントロールで行い、各種センサーによる完全自律飛行が可能。複数のポイントを指示しながら追尾させるフォローミー自動追随機能や、あらかじめ飛行経路を指示しておくAutoGridマッピングモードにも対応している。また、本体は折たたむことができるので機動性にも優れるほか、赤外線・RGBの2画面表示で夜間の稼働にも対応。映像データのリアルタイム転送は暗号化するなどセキュリティ面も徹底している。 あらゆる場面・環境での撮影に対応しているSkyRanger。

ちなみに価格は、フルセットで1800万円〜というまさに産業用の価格である。誰にでも導入できるものではない。導入までは難しいがプロジェクト単位で活用したいというところに向けて、ネクシス光洋がSkyRangerを持ち込んで撮影を受託するサービスも提供中とのことなので、興味がある方はそちらを利用してみてはどうだろうか。

Return Top