[Japan Drone 2017]次のステージに立つ日本のドローン産業が見える、日本最大級のドローン展示会開催

2017-03-27 掲載

122の企業と団体がブースを並べるドローンの祭典

ドローンに関わる国内外の企業が一堂に会する国際展示会「Japan Drone 2017」が、3月23日から3日間にわたって幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催するこのドローンの祭典は、ハード、ソフト、サービスを提供する120以上を超える企業、団体が出展。日本におけるドローンの事情を知ることができる、年に一度の最大級のイベントとなっている。

幕張メッセの国際展示場5にはずらりと各社・団体のブースが並び、その奥には約20m四方のフライトショーケースエリアを設置。随時各社のドローンの飛行展示が行われたほか、25日(土)にはドローンレースDrone Impact Challengeの2017シーズン第1戦が開かれた。また、オープンステージではJapan Drone 2017に併せて開催され、ドローンが撮影した映像による空撮コンテストの表彰式や、過去1年間に発表されたドローンやドローン関連サービスの中から優れた製品やサービスを選ぶBest of Japan Drone Awardの表彰式も実施。さらに幕張メッセの国際展示場では23日、24日の2日間、さまざまなセミナーやパネルセッションが開催された。

昨年のこの展示会では、ドローンの機体をはじめとしたハードウェア・サプライヤーのブースがずらりと並んでいたが、今回はそういったハードウェアよりもドローンを使ったサービスの展示が増えている。また、ドローンの操縦士養成スクールの出展が多く、同イベントを主催するJUIDAの担当者によると、昨年同時期では8校だった認定校が今回の取材時点では64校となっており、JUIDA認定校の出展も数多く見られた。各認定校は単にJUIDAのカリキュラムを実施するだけでなく、空撮やi-Constructionといった、ドローンの活用ノウハウについても学ぶ機会を用意するなど、他の認定校との違いをアピールする展示が多かった。

それでは多くの展示が見られた各社ブースを随時紹介していこう。

JapanDrone2017会場ブースレポート

関連する記事

空から水・陸へ拡がる最新の農業ドローンたち「関西 農業ワールド2019」

西日本最大の農業総合展「関西 農業ワールド2019」が5月23日から24日の3日間、インテックス大阪で開催された。農業向けドローンの展示数はそれほど多くはないが、自律飛行による農薬... 続きを読む

[Report Now!] PRODRONE、新社屋へ移転。屋内試験飛行場を構え研究開発・製作まで全てがワンストップ。高い技術力で産業用ドローン業界を牽引

ドローン開発エンジニアの為に最高の開発環境を用意 名古屋を中心に日本全国へ、そして北米で活躍する産業用ドローンシステムソリューションカンパニーである株式会社プロドローン(以下... 続きを読む

基調講演から見えるドローンの未来と課題〜[Xponential2019]

AUVSI Xponential今年も開催! 令和を迎えた日本のゴールデンウィークに毎年開催される(もちろん日本からという意)無人機の祭典AUVSI Xp... 続きを読む

[ReportNow!]ドローンを通して未来を創る人材を育てる!慶應義塾大学SFCで千葉功太郎氏が特別授業

4月9日にSFC 創立30周年記念特設科目「SFCスピリッツの創造」で、特別招聘教授千葉功太郎氏の授業が行われた。「SFCスピリッツの創造」とは、約3万人の中から選ばれた14人の卒... 続きを読む

[ReportNow!]フォトグラファー別所隆弘氏がHasselblad×ドローンの魅力を語り尽くす「Hasselblad X1D-50cとMavic 2 Proのランドスケープセミナー」開催

3月16日の午前・午後、原宿にあるハッセルブラッド ストア 東京において「フォトグラファー別所隆弘氏によるHasselblad X1D-50cとMavic 2 Proのランドスケー... 続きを読む