DJI、Team DJIを掲げ、多くの協業を提案。[Japan Drone 2017]

2017-03-27 掲載

産業用ドローン元年に備えるDJI

異彩を放つデュアルジンバルを搭載したMATRICE 210

DJIは単独でフライトケージを設けるなど、今回の出展者の中で最も大きなスペースを割いて展示を実施。今回、日本で初お目見えとなったのが、先に発表した産業用ドローンMATRICE 200シリーズだ。2つのジンバルを搭載できるほか、機体上面にもジンバルを積めるマルチジンバルマウントや、IP43規格の防水防塵性能を備えるMATRICE 200シリーズは、インフラ点検や捜索救難活動での使用を想定したモデル。シリーズにはベーシックなMATRICE 200とマルチジンバルが搭載できるMATRICE 210があり、ブースにはデュアルジンバルを搭載した機体と、上方ジンバル+内蔵型RTKを備える機体を展示していた。

MATRICE 210 RTKは上方ジンバルを搭載した状態で展示

また、先ごろ発売をアナウンスした農薬散布用のAGRAS MG-1も展示。今回のJapan Droneの来場者の間では農薬散布への関心が高く、昨年のこのイベントでは試作機であったAGRAS MG-1の展示もいよいよ量産機となり、農業関係者の関心も高い。

さらにこのAGRAS MG-1の高い耐候性や堅牢性を活かした参考出品モデルも展示。オクトコプターであるAGRAS MG-1のローターを4つにして小型化する一方で、10kgというペイロードや防滴といった性能はそのまま流用することで、災害時に支援物資を輸送するドローンとしてイメージしたもの。オリジナルの白いフェアリングが黒となっていることで、AGRAS MG-1とはかなり印象が違って見える機体だ。

基調講演でDJI 呉社長が語った産業用ドローン元年そしてTEAM DJIの一例として。Precision Hawkとのコラボレーションも展示
DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.34 Mavic mini出かける前の写真レビュー!ワクワクが止まらない速報レビュー [前編]

「その時、日本が驚く」というティザーサイトのキャッチコピー通り、日本のドローンユーザーが驚いた(ドローンユーザーだけでなく?)199gという航空法対象外の本格空撮ドローン「Mavi... 続きを読む

システムファイブ、「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催

株式会社システムファイブは、2019年11月7日(木)に「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門ショールーム。 ... 続きを読む

「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」開催中!

信州キャンペーン実行委員会は、「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」を開催する。協力はDJI JAPAN株式会社。作品応募期間は2019年10月21日~12月25日ま... 続きを読む

DJI、3軸ジンバル搭載の折りたたみ式フライカム「Mavic Mini」を発売。重量わずか199gの日本特別モデルを開発

DJIは、いつでも使えるフライカムとして設計された超軽量折りたたみ式の「DJI Mavic Mini」を2019年11月中旬に発売する。本日より予約受付を開始。希望小売価格はスタン... 続きを読む

[速報] DJI MAVIC mini発表!199gを実現!!日本特別仕様

2.7Kカメラ、三軸ジンバルを備えた199gのDJI MAVIC mini(日本版)が2019年10月31日に発表された。前日に北米で発表されたDJI MAVIC miniと機体仕... 続きを読む