Best of Japan Drone 2017決定!5部門で表彰[Japan Drone 2017]

2017-03-29 掲載

2017年3月23日から3日間にわたって開催されたドローンの国際展示会「Japan Drone 2017」。最終日の25日には、会期を締めくくるのにふさわしいイベントが開催された。そのひとつは過去1年間に発表、発売されたドローン関連の製品やサービスについて優れたものを表彰する「Best of Japan Drone 2017」だ。ドローン本機部門、ドローン関連テクノロジー部門、応用サービス部門、ドローン産業支援部門、ベストベンチャー部門という5つのカテゴリーが設けられ、部門ごとに優秀な製品もしくはサービスを表彰する。

審査はJapan Drone 2017出展社の中からエントリーされた製品・サービスを、JUIDA専門委員とドローン関連メディアで構成する審査委員会で一次審査を行い、部門ごとに選んだ候補をJapan Drone 2017のWebサイトで公表。その上で各部門の5品目に対して3月23日、24日の2日間来場者が投票を行い、その結果によって再優秀賞を選ぶという流れになっている。

25日午後に行われた表彰式では、ノミネートされた出展社がそれぞれプレゼンテーションを行い、ステージ前に集まった大勢の来場者を前に製品・サービスをアピール。その後、5つの部門ごとに鈴木真二JUIDA会長と、審査委員として参加したメディアの代表者が表彰を行った。今年度のBest of Japan Drone 2017の各部門の最優秀賞は次のとおり。

■ドローン本機部門(ドローン製品)
MAVIC PRO(DJI JAPAN)

■ドローン関連テクノロジー部門(コントロールソフト、分析ソフト、支援技術など)
GSPRO(DJI JAPAN)

■応用サービス部門(ドローンを使ったサービス)
吹付ドローン(西武建設)

■ドローン産業支援部門(ドローン産業への貢献度の高い制度、仕組みなど)

安全ドローンネット(ユークラフト) 

■ベストベンチャー部門(ドローンでのスタートアップ企業に対して)
ウェアラブルディスプレイVUFINE+(VUFINE,Inc.)

◼︎審査員特別賞
ドロンソン(skyer)

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

家族連れ来場者を楽しませた週末ドローンレース [Japan Drone 2017]

Japan Drone 2017最終日となった25日は土曜日。事実上ビジネスデーであった23日、24日に対して、25日は週末ということもあって家族連れの来場者が数多く見受けられた。... 続きを読む

ボーダック、5.7GHz帯無人移動体画像伝送システム発表。オーディエンスアワードも受賞 [Japan Drone 2017]

表彰式では「Best of Japan Drone 2017」5部門とは別に、部門でノミネートされた全製品・サービスの中から、来場者投票によって選出されたオーディエンスアワードが発... 続きを読む

大成、オフィスを巡回するドローンサービスを展開 [Japan Drone 2017]

総合ビルメンテナンス企業・大成のブースでは、ブルーイノベーション、NTT東日本とともに開発した、企業のオフィスを巡回するドローンサービスT-FRENDを提案。 オフィス内を飛... 続きを読む

自律制御システム研究所、農業用マルチローター「MINORI 1」などを展示 [Japan Drone 2017]

国産ドローンメーカーのひとつである自律制御システム研究所(ACSL)は、従来のMS-06LAを刷新した新型機ACSL-PF1と、新たに農業用マルチローターMINORI 1を展示。A... 続きを読む

ブイキューブロボティクス・ジャパン、全自動運航が可能なDRONEBOXを展示 [Japan Drone 2017]

業務用ドローンソリューションを展開するブイキューブロボティクス・ジャパンは、昨秋に発表したDRONEBOXを展示。約1.5m四方の函体の中にドローンを格納したこの“箱”は、シンガポ... 続きを読む