日本メーカーが手がけたハードウェア、技術が集う国内最大のドローン展示会が開催中 [第3回国際ドローン展2017]

2017-04-20 掲載

44の企業と団体がブースを並べるドローンの祭典

ドローンの構成技術や実用事例を集めた国内最大のドローン展示会「第3回国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会)が、2017年4月19日から3日間にわたって幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中だ。今年で3回目を迎えるこのドローンの展示会は、ドローンのハードウエアを中心に、パーツやソフト、サービスなど、40を超える企業や団体が出展している。

3月に、同じく幕張メッセで開催された「Japan Drone 2017」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会:JUIDA)は、どちらかというと量産品としてのドローンの機体、ドローンを活用したサービス、そしてドローンの教育訓練といったジャンルの出展社・団体が多かった。特に今年はドローンの操縦技術、知識を教育する学校の展示が際立った内容だった。

一方国際ドローン展は、モーターやメカトロニクス、機械部品、EMC・ノイズ対策などの技術やハードを展示する「テクノフロンティア2017」と併催ということもあり、その中心はやはり、ドローンの機体や、その機体を構成するパーツ、ドローンを一部にしたソリューションといった、技術やハードとなっているのが特長だ。

そのため、わずか1ヶ月というインターバルで開催される「Japan Drone」と「国際ドローン展」は、どちらかというと前者がサービス、後者がハードやソリューションといった棲み分けができたかたちとなった今年の両展示会だ。ここでは、そんな国際ドローン展のブースを随時紹介していこう。

第3回国際ドローン展2017

関連する記事

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルー... 続きを読む