TIアサヒ、PENTAXブランドが結集した測量用ドローンとカメラを展示 [第3回国際ドローン展2017]

2017-04-22 掲載
Matrice 600 ProベースのUAV・レーザー測量システム

PENTAXブランドを掲げる測量機器メーカーであるTIアサヒは、カラー点群データが得られるUAV・レーザー測量システムを参考出品した。このドローンはDJIのMatrice 600 Proをベースに、3620万画素の一眼レフカメラ「K-1」と、2Dレーザースキャナー「PS250-90LW」を搭載。さらに、機体とは別に独自のGNSSセンサーとIMUシステムを備えることで、機体の飛行軌跡の影響を抑えながら、精度の高いカラー点群データが得られるのが特長だ。その精度は50mの高度で5mmだという。展示はプロトタイプだが、この状態で販売する場合は約1000万円になるという。

Matrice 600 ProベースのUAV・レーザー測量システムは、機体下の銀色のボックスの中にハイエンド一眼レフカメラ(手前)と、2Dレーザースキャナ(奥)を搭載。

同じPENTAXブランドつながりで、カメラメーカーのリコーイメージングが一眼レフカメラ「PENTAX K-70」をベースにしたフィールド調査ドローン用カメラを展示していた。ドローンに搭載するにあたって不要な機能や装備をそぎ落とすことで、485g(オリジナルは約628g)まで軽量化を実現した。空撮をはじめ測量や農業、災害調査ではPENTAX K-70が備えている、わずかな光でも昼間のような映像が得られる高感度性能や、防塵防滴性能のメリットを活かせるとしている。

空撮では人間がファインダーを覗いて撮影する必要がないため、ペンタプリズムや光学ファインダー、液晶モニター、さらにはグリップを省略。

逆にボディ側面には、コントロール用の配線を接続するコネクタを追加したほか、コネクターのシールド対応でケーブル接続時も防塵防滴性を確保している。

TIアサヒ

関連する記事

ドローンスクールは業界特化型の時代へ。新たな団体も設立[第3回国際ドローン展2017]

トラストのブースでは講師も務める女性スタッフがスクールの特長を説明 ドローンスクール 今回の出展の中で多かったもののひとつに、ドローンスクールがあります。ドローン操縦士... 続きを読む

広島大学、ドローンの姿勢を乱さない無反動ロボットアーム [第3回国際ドローン展2017]

革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を促進するプログラムに参加している広島大学の研究チームが出展し... 続きを読む

KEVA、広い範囲の地図作成に最適な固定翼ドローン [第3回国際ドローン展2017]

今回、日本で初お目見えとなったのが、韓国のドローンメーカー、ケバドローンの固定翼ドローン「KD-2 Mapper」だ。主翼幅約1.8mの機体は発泡ポリプロピレン製で、重量はバッテリ... 続きを読む

アイサンテクノロジー / 岡谷鋼機株式会社、釣り用リール技術応用ウインチを実装したドローンを出展[第3回国際ドローン展2017]

アイサンテクノロジー株式会社は、DAIWAブランドのリールでお馴染みのグローブライド社製ウインチを実装したドローンを披露。またドローン機体は、PRODRONEが開発した物だ。 ... 続きを読む

田中電気、長時間滞空して周囲を監視する有線式ドローンを展示 [第3回国際ドローン展2017]

有線ドローン「PARC(パーク)」。地上ではコントローラーのほか、ケーブルを巻き取るユニットを設置して飛行させる 日本を代表する電気街の秋葉原で、各種無線通信機器の販売・保守... 続きを読む