宇宙から商業ドローン領域まで無人機の最大展示会開催 [XPONENTIAL2017]

2017-05-13 掲載

幅広いカテゴリーの出展で沸く会場

2017年5月8日から11日(木)まで、米国ダラスKay Bailey Hutchison コンベンションセンターで AUVSI Xponential 2017が開催された。「AUVSI Xponential 2017」は、AUVSI(国際無人機協会)が開催する、産業用ドローン、ロボティクス、無人機システムなど各分野の専門家が一堂に会する国際的な展示会。650を超える企業・団体が参加する大規模な展示会である。

Boeing社の長距離飛行可能なヘリコプター型ドローン

NASA等宇宙関連をはじめ、BoeingやAirbus、Lockheed Martin等航空関連、御馴染みのDJI、PRODRONE、Parrot等ドローン関連など幅広い出展となった。ドローン分野で言えば、コンシューマ分野が成熟する中で、3DR、ParrotそしてDJIなど各メーカは徐々にコマーシャルの分野にターゲットを移行している潮流が会場からも伝わって来た。

数少ない日本からの最大規模で出展していたPRODRONEもヘリコプター型ドローン「PDH-01」を出展

軍事、航空、産業用の新たな技術、新たなルール、新たなビジネスチャンス

近年無人輸送機器システム分野の技術革新は急速に進化し航空分野と海事分野の規制により商業面での応用はあまり進んでいなかったのが実情だ。各分野の展示会は存在するもののそこまでは大きくなく分断されている感が大きかったのが実情だ。

商業用へ舵を切ったParrot。DiscoやBebopoも産業用カテゴリーとなるソリューションも発表された i-Robotの共同創設者Helen Greinerがスピンアウトして創設したCyPhy社も健在! Intellではドローンの障害物自動回避機能デモに毎回人集り 勝機があれば必ず出展しているHOODMAN。簡易ドローンポート推し

そんな中、各国で無人システムの商業運用を後押しする法律が制定されたことで、業界の開放が進み、これまで分断されていた産業領域とシームレスに連携がはじまり巨大なビジネスチャンスが生まれようとしている。規制緩和によって、市場の急成長が確実視されるなか、将来性が見込まれる商業用無人システムの市場が活況である事は言うまでもない。実際に参加企業は陸、海、空の全領域を網羅し、軍事、航空、無人機、ドローン等様々だ。その中で、ドローンだけではなく、無人システムとロボティクスの明日が見える世界最大のイベントを押さえておくべきあろう。それではXponential 2017をお伝えして行こう。

基調講演や人気のカンファレンスは全てグラフィックレコーディングで即時可視化される。ブラッシュアップしたい人には重宝
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Jetoptera社、航空機を開発、小型VTOLから空飛ぶ自動車までの構想 [Xponential2018]

JetopteraがXponetial2018でコンセプト発表したJ2000は、時速200マイル(約320km/h)で飛行し、垂直離着陸が可能なフライングカー。同社が開発したガスジ... 続きを読む

IXI EW社とT-Worx社、C-UAS技術で手を組む [Xponential2018]

IXI EX社は、IXIドローンキラー携行型対無人機迎撃(C-UAS)システムとライフルオペレーションシステムを備えたT-Worxインテリジェントレイル(I-Rail)システムとの... 続きを読む

Insitu、無人航空システムScanEagle3を初公開 [Xponential2018]

ボーイング社の子会社であるInsituはその規模と範囲でドローン産業界でかなり有名なポジションにある。その両社の強みを生かし、ボーイングの安全性と航空規制機関との協力で、Insit... 続きを読む

FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開 [Xponential2018]

映画の世界になくてはならない無人ヘリコプターのデザイン・生産分野で世界トップであり、プロフェッショナルドローン映像サービスの先駆者であるFLYING-CAM社は30周年記念を迎... 続きを読む

PRODRONE、飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機「PD6B-Type II」を発表 [Xponential2018]

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型のプラットフォーム機「PD6B-T... 続きを読む