DJI、SPARK登場!DJI史上最小のボディーと最上級機能ドローンがやって来た!!

2017-05-25 掲載

いよいよ発表、最新機種SPARKの真価は?

ニューヨークマンハッタンの玄関口グランド・セントラル・ステーション構内で開催。お隣はAppleストア

北米時間現地5月24日11時半、ニューヨークグランドセントラル駅イベント会場で、兼ねたから噂のあったDJIの新製品SPARKの発表会が開催された。事前にいくつか情報は、リークされており、かつてのアップル新製品発表会の雰囲気も感じる。実際DJIのマーケティングやプロモーションは、Appleの手法によく似ている。奇しくもグランドセントラル駅には、併設された巨大なAppleストアも軒を連ねる。11時開始に遅れる事30分、報道、販売代理店関連など関係者が集まった。いよいよSPARKの登場である。

戦略パートナーシップ部門ディレクター マイケル・ペリー 氏

Mavic Proが発表された時と同じく戦略パートナーシップ部門ディレクターのマイケル・ペリー氏が登壇し、SPARKを紹介し、デモンストレーションが行われた。これまでのDJIの歩みと役割を解説し、必要なものはこれです!とSPARKの御披露目となった。

SPARKはとにかく小さい。プロペラは折りたたみ式だが本体は、重量は300g、143X143X55mmの大きさでちょうどiPhone よりも少し大きいくらいだろうか。起動から顔を認識後25秒で飛行可能、最高速度は、スポーツモードで50km/hを実現し、16分の飛行が可能。用意されたボディーカラーは、赤(ラヴァレッド)、青(スカイブルー)、緑(メドゥグリーン)、黄(サンライズイエロー)、白(アルペンホワイト)と5色用意されている(現在は白色のみ予約可能)。本日より予約可能で、出荷は6月半ばを予定している。

最高の技術が惜しみなく投入されるDJI製品

SPARKは、Mavic Proよりも小型で軽量だが、DJIの技術が最大限盛り込まれ、機能制限などなくインテリジェント・フライトモードを搭載している。さらに新機能のQuickShotや、PalmControl (ジェスチャーコントロール)も追加された。毎度DJIの標準機能そのまま最新機能が追加されて行くポリシー賞賛すべき所だろう。機能はそのままにサイズ感はさらに小さくなっている。2月にDJI本社を訪問した時にKevin氏が語っていた事はまさにこの事である。

インテリジェント・フライトモードには、これまでのTapFly、ActiveTrackに新たにQuickShot、GestureModeが追加された。 QuickShot モードでは、Rocket (上昇していく)、Dronie (ドローン自撮り)、Circle (被写体を中心に円を描くように撮影)、Helix (旋回上昇撮影)で撮影可能。いわば、これまで高度な操縦が必要用だった部分がテンプレート化して再現できると言うものだ。

指で四角を作る事によってシャッターが切れ、簡単にドロニーが楽しめる

ジェスチャーモードは、手でSPARKをコントロールできる機能。それらには、PalmControl (パームコントロール)、Dronie (ドローンを使った自撮り)、Follow (追尾)、Beckon、PalmLand (パーム着陸)がある。コントローラーが無くても魔法を使うかの如くジェスチャーのみでSPARKをコントロールする。

小型機ながらもカメラ部分も多いに期待できる。ジンバルはメカニカル2軸であるが、カメラは焦点距離25mm (35mm判換算)のF2.6広角レンズ、1/2.3インチCMOSセンサーを有し、 写真は1200万画素、動画であれば、HD(1080p30f)を実現。

カメラ新機能として、ShallowFocus (シャローフォーカス)とPano (パノラマモード) に対応。ShallowFocus は、被写界深度の浅い写真撮影が可能に。Pano (パノラマ)モードは、写真を9枚、それぞれのアングルで垂直および水平に撮影し、水平パノラマ写真作成。垂直パノラマ写真モードでは3枚で構成される。小さな機体で様々な撮影方法を駆使し、最終的にはDJI GO 4で作品を仕上げ公開する事が最短で行なえる。

本体ごとチャージ可能なドック。まだ開発中のものでアクセサリーにラインナップされていない

ドローンが身近になった記念すべき一日

発表会を終えて感じる事は、これまでドローンのイメージ、難しそう、危なそうというイメージが強く、手の届かない存在とされと敬遠されがちだったが、SPARKの登場によって、ドローンは誰にでも楽しめる存在なった記念すべき日なのかもしれない。まさしく空飛ぶカメラの登場である。機体は小さいが最高性能。小粒でぴりりと辛い山椒のような存在と言える。まさしく今のDJI最大限の技術がスパークしたといえるだろう。

価格
  • Spark(本体、バッテリー、充電器、本体ケース) 65,800円(税込)
  • Spark Fly more コンボ (上記にコントローラー、プロペラガード、予備バッテリー、充電ハブ、ショルダーバッグ) 91,800円 (税込)
  • DJI

    関連する記事

    Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

    例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

    ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

    この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

    白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

    白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

    音声アシスタントやハンドジェスチャーなど機能で魅せる〜欧州最新ドローン市場の動き [IFA 2018]

    欧州最大のコンシューマ家電国際見本市IFA2018開催 1月にラスベガスで開催されるCESに並ぶ世界最大級のコンシューマ家電国際見本市として知られるIFAが、8月31日から9月5... 続きを読む

    DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

    InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む