AUTEL Robotics、4Kカメラ搭載のEVOを発表!対MAVIC包囲網発動中![CES2018]

2018-01-11 掲載

昨年のCESでは垂直離着陸(VTOL)のKestrelを発表したAutel Roboticsが今年のCESでは対MAVICとして4K60FPSカメラ、3軸ジンバル搭載のEVOを発表した。2018年中の発売を目指し現在最終的な仕様調整を行なっているということだが、主な機能は以下の通り。

4K60Pカメラ、3軸ジンバル搭載、プロペラ部分は折り畳み可能となっておりフライトレンジは7kmとのこと。専用コントローラー付き。値段は現在のところ未定。インタビューに答えてくれた担当者はMAVICに対抗していると話していたが、どちらかというとSPARKに大きさやイメージは近しい。最終的な商品となる頃には細かな仕様変更もあるだろうが、現状でも非常に洗練されたデザインと造りの完成度で、会場で行われていたデモフライトも安定した飛行性能を披露していた。

前後のカメラで様々なインテリジェントフライトが可能であり、暗い中でのリアルタイムビジュアルトラッキングや自動障害物回避機能も搭載されているため初心者にも優しい操作となります。

と担当者はコメントしてくれた。今年多くのメーカーから対MAVIC,SPARKを意識した商品が発売される中、対抗馬の本命となるのはEVOになるかも?

▶︎AUTEL Robotics
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止... 続きを読む

CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

ドローンの今を知るにはCESに行くのが最適だ 一時期の熱狂ぶりではないものの、ドローン市場はまだまだ活況でCESでの展示は、150社を超える。技術的にもデザイン的にも新しいも... 続きを読む

ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

ワークホース・グループは、SureFly™ オクトコプター(世界初の個人用電動オクトコプター)を展示した。 CESは私達の三つの新しい最高級品を披露するのに完璧な場だ。... 続きを読む

AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2018]

昨年、CESでドローン界隈で話題をさらったのが、iPhoneケースに収るAirSelfieが実際に飛行していることだった。 ▶︎あのドローン付iPhoneケースAirSelf... 続きを読む

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む