AUTEL Robotics、4Kカメラ搭載のEVOを発表!対MAVIC包囲網発動中![CES2018]

2018-01-11 掲載

昨年のCESでは垂直離着陸(VTOL)のKestrelを発表したAutel Roboticsが今年のCESでは対MAVICとして4K60FPSカメラ、3軸ジンバル搭載のEVOを発表した。2018年中の発売を目指し現在最終的な仕様調整を行なっているということだが、主な機能は以下の通り。

4K60Pカメラ、3軸ジンバル搭載、プロペラ部分は折り畳み可能となっておりフライトレンジは7kmとのこと。専用コントローラー付き。値段は現在のところ未定。インタビューに答えてくれた担当者はMAVICに対抗していると話していたが、どちらかというとSPARKに大きさやイメージは近しい。最終的な商品となる頃には細かな仕様変更もあるだろうが、現状でも非常に洗練されたデザインと造りの完成度で、会場で行われていたデモフライトも安定した飛行性能を披露していた。

前後のカメラで様々なインテリジェントフライトが可能であり、暗い中でのリアルタイムビジュアルトラッキングや自動障害物回避機能も搭載されているため初心者にも優しい操作となります。

と担当者はコメントしてくれた。今年多くのメーカーから対MAVIC,SPARKを意識した商品が発売される中、対抗馬の本命となるのはEVOになるかも?

▶︎AUTEL Robotics
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

「DJI vs Autel 紛争」に新しい動きあり!一転DJI有利に

米国国際貿易委員会(以下:ITC)の主任行政法判事は、世界最大のドローンメーカーであるSZ DJI Technology Co. Ltd.と7つの関連事業体(以下:DJI)は、Au... 続きを読む

Autel Robotics、DJIに対して米国特許を争い、一審勝利

米国国際貿易委員会(以下:ITC)の主任行政法判事は、世界最大のドローンメーカーであるSZ DJI Technology Co. Ltd.と7つの関連事業体(以下:DJI)は、Au... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

ドローンは、ハードウェア、ソフトウェアと2つの最新技術が実を結び、驚くべき速度で進化を遂げている。またインフラ(来たるべき5Gなど)やクラウド(AIやブロックチェーンなど)などのサ... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む