TT Robotix、サーチ&レスキュー用ドローン「Reveal One」を発表 [CES2018]

2018-01-12 掲載

台湾に開発製造拠点を持つRCメーカー、Thunder TigerのドローンブランドTT Robotixが高性能なサーマルカメラとハートビート検出、呼吸数検出機能付きドローンReveal Oneを発表した。

一見ヘリコプターのような外見のReveal Oneだが、テイルローターがなくシングルローターの二重反転プロペラを搭載した特徴的なフォルムを持っている。

巨大なペイロードを実現しようとすると、6枚機や8枚機のようなマルチローターではフライトコントローラーが対応できず非常に不安定になるため、我々はシングルローターの二重反転プロペラを採用しています。非常に安定した飛行が可能となり、またバッテリーの容量も相当量が積載できるため30分のフライトタイムを実現しています。

とCTOトニー・チャンはコメントしてくれた。

山や海でのレスキューミッションの場合、被災者を素早く発見することが必要だが、その部分は高性能なサーマルカメラが対応する。また海中や瓦礫に隠れた被災者の生存確認にはReveal Oneを被災者上空を飛行させることによってバイタルサイン検出レーダーにより心拍数、呼吸数を確認することが可能となっている。会場のモニターでは実際にサーマルカメラに映る来場者の心拍数や呼吸数が表示されており、すでに実用可能な段階のプロダクトであることが確認できた。

TT Robotixでは有線給電タイプのDragonflyや水中ドローンのSeadragonも同時に発表。トニー・チャンCTO曰く、

Dragonflyは災害地での非常用携帯電波タワーをドローンで実現したりするような用途を想定している。

この他にもTT Robortixでは様々なカスタマイズが可能となっているので、今後は顧客のニーズに合わせてカスタムメイドで販売していく予定とのこと。

▶︎TT Robotix
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止... 続きを読む

CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

ドローンの今を知るにはCESに行くのが最適だ 一時期の熱狂ぶりではないものの、ドローン市場はまだまだ活況でCESでの展示は、150社を超える。技術的にもデザイン的にも新しいも... 続きを読む

ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

ワークホース・グループは、SureFly™ オクトコプター(世界初の個人用電動オクトコプター)を展示した。 CESは私達の三つの新しい最高級品を披露するのに完璧な場だ。... 続きを読む

AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2018]

昨年、CESでドローン界隈で話題をさらったのが、iPhoneケースに収るAirSelfieが実際に飛行していることだった。 ▶︎あのドローン付iPhoneケースAirSelf... 続きを読む

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む