TT Robotix、サーチ&レスキュー用ドローン「Reveal One」を発表 [CES2018]

2018-01-12 掲載

台湾に開発製造拠点を持つRCメーカー、Thunder TigerのドローンブランドTT Robotixが高性能なサーマルカメラとハートビート検出、呼吸数検出機能付きドローンReveal Oneを発表した。

一見ヘリコプターのような外見のReveal Oneだが、テイルローターがなくシングルローターの二重反転プロペラを搭載した特徴的なフォルムを持っている。

巨大なペイロードを実現しようとすると、6枚機や8枚機のようなマルチローターではフライトコントローラーが対応できず非常に不安定になるため、我々はシングルローターの二重反転プロペラを採用しています。非常に安定した飛行が可能となり、またバッテリーの容量も相当量が積載できるため30分のフライトタイムを実現しています。

とCTOトニー・チャンはコメントしてくれた。

山や海でのレスキューミッションの場合、被災者を素早く発見することが必要だが、その部分は高性能なサーマルカメラが対応する。また海中や瓦礫に隠れた被災者の生存確認にはReveal Oneを被災者上空を飛行させることによってバイタルサイン検出レーダーにより心拍数、呼吸数を確認することが可能となっている。会場のモニターでは実際にサーマルカメラに映る来場者の心拍数や呼吸数が表示されており、すでに実用可能な段階のプロダクトであることが確認できた。

TT Robotixでは有線給電タイプのDragonflyや水中ドローンのSeadragonも同時に発表。トニー・チャンCTO曰く、

Dragonflyは災害地での非常用携帯電波タワーをドローンで実現したりするような用途を想定している。

この他にもTT Robortixでは様々なカスタマイズが可能となっているので、今後は顧客のニーズに合わせてカスタムメイドで販売していく予定とのこと。

▶︎TT Robotix
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む

HighGreat、SnapDragon搭載4Kカメラドローンを2機種出展 [CES2018]

左がHESPER、右がMARK ドローンで安定した自律飛行を実現するには高性能チップセットは欠かせない。深センのドローンメーカーHighGreatは展示会に先駆けてプレス向け... 続きを読む

台湾発、太陽光発電でSolarDroneが空を飛ぶ日。[CES2018]

国立台湾大学(NTU)の研究所SolarDroneは、太陽光発電やドローン技術の専門家を集い、ドローンの飛行継続時間における課題に取り組んだ。その集大成は、CES2018のスタート... 続きを読む

RYZE Robotics、そのベールを脱ぐTello!会場でも大人気 [CES2018]

CES2018開催前にドローン界隈で話題を集めたのが小型トイドローンTello。しかしながらドローンマーケットゾーンに君臨するDJIブースにはTelloの姿は無し。まさかの誤報... 続きを読む

まさにDIY!Make A Droneキットはいかが?[CES2018]

ドローンを飛ばす基本技術はオープンソース化されているが、一から自分で自作するのはまだまだ難しい。それならMake A Droneが開発しているDIYキットからはじめてみるのはいいか... 続きを読む