TT Robotix、サーチ&レスキュー用ドローン「Reveal One」を発表 [CES2018]

2018-01-12 掲載

台湾に開発製造拠点を持つRCメーカー、Thunder TigerのドローンブランドTT Robotixが高性能なサーマルカメラとハートビート検出、呼吸数検出機能付きドローンReveal Oneを発表した。

一見ヘリコプターのような外見のReveal Oneだが、テイルローターがなくシングルローターの二重反転プロペラを搭載した特徴的なフォルムを持っている。

巨大なペイロードを実現しようとすると、6枚機や8枚機のようなマルチローターではフライトコントローラーが対応できず非常に不安定になるため、我々はシングルローターの二重反転プロペラを採用しています。非常に安定した飛行が可能となり、またバッテリーの容量も相当量が積載できるため30分のフライトタイムを実現しています。

とCTOトニー・チャンはコメントしてくれた。

山や海でのレスキューミッションの場合、被災者を素早く発見することが必要だが、その部分は高性能なサーマルカメラが対応する。また海中や瓦礫に隠れた被災者の生存確認にはReveal Oneを被災者上空を飛行させることによってバイタルサイン検出レーダーにより心拍数、呼吸数を確認することが可能となっている。会場のモニターでは実際にサーマルカメラに映る来場者の心拍数や呼吸数が表示されており、すでに実用可能な段階のプロダクトであることが確認できた。

TT Robotixでは有線給電タイプのDragonflyや水中ドローンのSeadragonも同時に発表。トニー・チャンCTO曰く、

Dragonflyは災害地での非常用携帯電波タワーをドローンで実現したりするような用途を想定している。

この他にもTT Robortixでは様々なカスタマイズが可能となっているので、今後は顧客のニーズに合わせてカスタムメイドで販売していく予定とのこと。

▶︎TT Robotix
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む

韓国忠南大学、空飛ぶデジタルサイネージ「DR.ONE」出展。パトロールに清掃にも大活躍 [CES2019]

CES2019では昨年に比べ、出展数が減っていたシングルドローンだが、実用に近いプロトタイプを韓国忠南大学がエウレカパークに出展していた。「DR.ONE」は基本的に屋内用で、丸... 続きを読む

NewBeeDroneが提供するFPVレーシングに関するパーツから機体まで全てが揃う [CES2019]

写真の手前にあるのが「SILVERFISH 240」 VRや専用ゴーグルを使って一人称視点の迫力あるドローン操作を楽しむFPVレーシング(first-person view)... 続きを読む

GET Air Turnkey Solutionが解決するバッテリー問題。非接触充電で遠距離飛行を可能 [CES2019]

ドローンにとって大きな課題はバッテリーの持続時間というのは周知の事実だが、2019年に至ってもその抜本的な代替案や革新的なバッテリーは出現していない。 そんな中、GET Air ... 続きを読む

Appolo Robtics、3データ同時計測可能なAIドローンSurveyor 3を展示 [CES2019]

ドローンを使って空から地上を計測するのはここ数年で当たり前になっている。ポイントはどんな技術を使ってどんなデータを収集するかだ。目的にあわせて様々なタイプのドローンやオプションの組... 続きを読む