人を乗せて運ぶ人命救助ドローン「THE CROSSBOW」初期プロトタイプを展示 [CES2018]

2018-01-12 掲載
MAROON VAULT社 REALUBIT CEO

これまでにも”レスキュー・ドローン”を自称するものはたくさんあったが、ほとんどが溺れている人に浮輪を届けたり、救急車両では時間がかかる場所へ医薬品などを届けるというものだった。CESで展示されていたTHE CROSSBOWは、人を乗せて救助することを目的に開発された本当の意味でのレスキュー・ドローンだといえそうだ。

開発を手掛けたHECTOR REALUBIT氏はプロダクトデザイン集団MAROON VAULT社のCEOでもあり、THE CROSSBOWのアイデアから設計、デザイン、製造までを自ら担当している。昨年から製作にとりかかり、CESの前日には人を乗せていない状態ではあるが、ドローンを飛ばすことに成功している。その様子を撮影した動画もブースで公開されていた。

THE CROSSBOWを開発した経緯についてREALUBIT氏はこう語っている。

私はLos Angelesで活動しているのですが、海で水難事故がおこるのをしばしば目撃します。誰かが溺れている時にセーフガードが救助に向かうのが難しい場合もあり、そこで人を乗せて救助できるドローンを考えました。

THE CROSSBOWは他にも救助のための道具を乗せることもできますし、誰かが乗って救助に向かうこともできるようにすることも検討しています。つまり、大きな重量に耐えながらも安定して飛べるドローンの開発を目指しています。

当面は海での救助活動を目的としているため、シート部分にチューブが使われていたり、ペイロードにあたる部分はプラスチックのコンテナを置いて防水状態にしている。REALUBIT 氏にとってドローン開発は初めての挑戦だが、CESまでに実際に飛ばすことができたことで開発には自信を持てたとという。将来的にはあらゆる災害を対象とした機体を開発したいとも話していた。

CESにはTHE CROSSBOWのアイデア実現する資金集めのために出展しており、今後はクラウドファウンディングの利用も検討しているとのこと。人を乗せて飛べるドローンはすでにいくつも開発されており、実現の可能性はある。取材中も関心を持った人たちが熱心に話し込んでおり、来年のCESではさらに進化したプロトタイプが発表されるかもしれない。

▶︎MAROON VAULT
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む