トイ・ドローンならなんでもござれのZEGOが開発力をアピール [CES2018]

2018-01-15 掲載

CESではオーダーにあわせてドローンの製造を請け負う会社、というのも出展している。香港にオフィスを構えるZEGOはトイ・ドローンは深センに開発拠点を持ち、あらゆるデザインのドローンを開発できるといいきる。

とにかくありとあらゆるタイプのドローンがある。会場では新製品という、XWINGタイプのZ-WINF100(写真右)、四角いか立ちを下Cell(写真右下)、エアプレーンタイプのmamba(写真上)、Stant Airplane(写真左上)などが展示されていた。会場にはなかったが、卵型ドローンのミニチュアトイ版なども製造しており、どこかで見たようなドローンのミニチュア版もいろいろある。

おもちゃだけれど飛行性能が高いのが同社の自慢だという。人が座っている後にローターが4つ、上下2段になっているJETPACKはカメラ無しにで完全に飛ばして遊ぶためのドローンで、見た目はちゃんとバランスがとれるのか? と思うが実際には素早くて軽快な動きが楽しめる。どのように飛ぶかはこちらの動画をご覧いただきたい。

商品の多くはビッグカメラやヨドバシカメラでも販売されているそうで、日本では同社製品は人気だということだ。開発のオーダーも受け付けており、日本での販売店をもっと探したいということだったので、気になる人はサイトからコンタクトしてほしい。

▶︎ZEGO
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む