DRONE

トイ・ドローンならなんでもござれのZEGOが開発力をアピール [CES2018]

トイ・ドローンならなんでもござれのZEGOが開発力をアピール  [CES2018]

CESではオーダーにあわせてドローンの製造を請け負う会社、というのも出展している。香港にオフィスを構えるZEGOはトイ・ドローンは深センに開発拠点を持ち、あらゆるデザインのドローンを開発できるといいきる。

とにかくありとあらゆるタイプのドローンがある。会場では新製品という、XWINGタイプのZ-WINF100(写真右)、四角いか立ちを下Cell(写真右下)、エアプレーンタイプのmamba(写真上)、Stant Airplane(写真左上)などが展示されていた。会場にはなかったが、卵型ドローンのミニチュアトイ版なども製造しており、どこかで見たようなドローンのミニチュア版もいろいろある。

おもちゃだけれど飛行性能が高いのが同社の自慢だという。人が座っている後にローターが4つ、上下2段になっているJETPACKはカメラ無しにで完全に飛ばして遊ぶためのドローンで、見た目はちゃんとバランスがとれるのか? と思うが実際には素早くて軽快な動きが楽しめる。どのように飛ぶかはこちらの動画をご覧いただきたい。

商品の多くはビッグカメラやヨドバシカメラでも販売されているそうで、日本では同社製品は人気だということだ。開発のオーダーも受け付けており、日本での販売店をもっと探したいということだったので、気になる人はサイトからコンタクトしてほしい。

▶︎ZEGO
Return Top