スポーツ用ドローン「Robomart」がスタートアップイベントに登場 [CES2018]

2018-01-15 掲載

アメリカのスポーツ業界は常に最新のデジタル技術を積極的に取り込もうとすることで知られている。CESの中でもスポーツ分野は重要な位置を占めていて、ユニークで革新的な製品がいろいろ登場している。これも一種のドローンとして見ていただきたい。

テニスでは欠かせない、単調な球拾いをしてくれるTENNIBOTは、自分で周囲に落ちているテニスボールをカメラと複数のセンサーを使って的確に見つけ、ケースに集めてから指定した場所まで運んでくれる。コントロールは専用アプリで行い、球を拾う範囲を決めることができる。球を拾った回数やこれまで何回練習したかをカウントできて、そのままソーシャルメディアに投稿できる。プレイ中ではなく休憩中に球を拾い集めるのに使い、多くのテニスボールはフェンス際に落ちているのでそれほど時間はかからないという。コート内をてきぱき動くTENNIBOTを見るのは、練習の時の気分転換にもなるかしれない。

昨年のCESに登場して注目を集めていたが、今年はCES 2018 Innovation AwardsのRobotics and Drones部門に選れ、他にも米国で開催されている数々のスタートアップイベントでも優勝したり入賞している。現在、プレオーダーを受付中で、発売はIndiegogoを通じて行う。900ドル程度にするとのことだが、事前登録するとアーリーバード価格を通知してくれる。商品は年内には配送される予定だ。

▶︎TENNIBOT
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む