空気清浄機能を持つFlying Magic Cleanerのプロトタイプを日本企業が出展 [CES2018]

2018-01-15 掲載

ドローンを飛ばして空気を清浄するというコンセプトアイデアは、かなり以前からいろいろなところから出ていたが、世界で初めて実現させるのは日本企業かもしれない。atarainaという空気にまつわる技術の民生化を進めるプロジェクトで製品化が進められているFlying Magic Cleanerは、毎日数分間室内を飛び回り、PM2.5よりもはるかに小さなちりやほこりを清浄する機能を備えた空気清浄ドローンだ。

プロトタイプ機は換気扇を横にしたような形をしていて、ローターを囲む四角いフレームの部分にクリーナーが取り付けられている。そこに空気を通して清浄するのかと思いきや、静電気フィルターが使われていて、ゆっくり移動することでより細かな粒子を吸着できるそうだ。昨年9月にベルリンで開催されたIFAでもプロトタイプを発表し、CESではそれをさらに改善したプロトタイプを初出展した。 実際に飛んでいる様子はこんな感じだ。

動画を見ていただくとわかるとおり、完全自律型飛行で、ルンバが空中に浮かび上がって掃除しているように見える。実際に想定している使い方もルンバと同じで、出かけてる間に自動で毎日同じ場所を巡回して空気をきれいにするという。ローターでほこりが巻き上がってしまわないか気になるが、逆にそうして吹き飛ばしたほこりを地上のルンバで吸い込むというコンビネーションでの使い方を考えているそうだ。

空気を清浄化する実験(写真は試験機)では規定の空間内を1分間でほぼきれいにし、2分間で清浄できるという。課題としては狭い部屋の中で障害物にぶつからずに飛び回るようにするのが難しく、その点は他社とのコラボレーションも検討しているという。空気の汚れにも厳しい日本で真っ先に商品化されてほしいところだ。

▶︎ataraina

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む