Leti、世界初3D衝突防止ソリューション搭載ドローンを公開 [CES2018]

2018-01-16 掲載

”ぶつからない”というキーワードは、ドローンにとってこれから必須になるだろう。世界トップの国立研究機関にも選ばれているフランスのCEA-Tech(フランス原子力・代替エネルギー庁)の付属機関であるLeti(電子情報技術研究所)は、同研究所が開発した3D衝突防止ソリューションを搭載した世界初のドローン「360Fusion」をCESでお披露目した。

サイズは手のひらサイズのトイ・ドローンほどの大きさだが、最先端のレーザーセンサーをベースにした衝突防止アルゴリズムを実現。飛行中に周囲から数百万ものデータを収集、分析し、ぶつからないようにすることができる。静止している障害物にぶつからないのはもちろん、近付いてきたドローンを自動で回避することができる。それだけ高性能であっても低消費電力かつ低コストであるのも大きな特徴だ。

デモの方法はフランスらしくこ洒落ていて、メッシュのボールの中にドローンを入れて飛ばし、その状態でボールを前後左右に動かしても常に中心に近いところを跳んでいることを披露した。デモの様子はこちらの動画で公開されている。

サイズは約40gで、それにあわせてセンサーも小型化されている。同程度の機能を持つドローンに比べて10分の1ほど安くて高性能であり、将来的にはこの機能を軍向けにも提供する予定だ。

▶︎Leti to Demonstrate First 3D Anti-crash Solution for Embedding in Drones @CES2018
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む