まさにDIY!Make A Droneキットはいかが?[CES2018]

2018-01-16 掲載

ドローンを飛ばす基本技術はオープンソース化されているが、一から自分で自作するのはまだまだ難しい。それならMake A Droneが開発しているDIYキットからはじめてみるのはいいかもしれない。

そのMake A DroneのDIYキットをベースにカスタマイズされたDIYキットがCESで展示されていた。MakeADrone MIKROと名付けられたパッケージはオスロの大学生が開発したもので、ポイントはドローンをコントロールできるグローブを作れるようにしていること。ブースでは彼らがデザインしたグローブとそれらを作る時に書かれたであろうたくさんのデッサン画も一緒に展示されていた。

パッケージはなるべく価格を抑えるためにドローンを作る最小限のキットしか入っていないが、そこにArduinoなどのマイコンとコントロールセンサーを搭載したグローブを組み合わせると、手の動きにあわせて飛ばせるドローンが作れる。(ちなみに同様の機能を持ったハンドジェスチャードローンはクリスマスのヒット商品になっていた)。

価格は約1万円でまずはアメリカ市場向けに発売するとのこと。グローブ用のキットをオプションとして開発する予定もあるようだが、まずは基本パッケージの売上げを見てから今後の予定を決めるということだった。

▶︎Make A Drone
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む