まさにDIY!Make A Droneキットはいかが?[CES2018]

2018-01-16 掲載

ドローンを飛ばす基本技術はオープンソース化されているが、一から自分で自作するのはまだまだ難しい。それならMake A Droneが開発しているDIYキットからはじめてみるのはいいかもしれない。

そのMake A DroneのDIYキットをベースにカスタマイズされたDIYキットがCESで展示されていた。MakeADrone MIKROと名付けられたパッケージはオスロの大学生が開発したもので、ポイントはドローンをコントロールできるグローブを作れるようにしていること。ブースでは彼らがデザインしたグローブとそれらを作る時に書かれたであろうたくさんのデッサン画も一緒に展示されていた。

パッケージはなるべく価格を抑えるためにドローンを作る最小限のキットしか入っていないが、そこにArduinoなどのマイコンとコントロールセンサーを搭載したグローブを組み合わせると、手の動きにあわせて飛ばせるドローンが作れる。(ちなみに同様の機能を持ったハンドジェスチャードローンはクリスマスのヒット商品になっていた)。

価格は約1万円でまずはアメリカ市場向けに発売するとのこと。グローブ用のキットをオプションとして開発する予定もあるようだが、まずは基本パッケージの売上げを見てから今後の予定を決めるということだった。

▶︎Make A Drone
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止... 続きを読む

CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

ドローンの今を知るにはCESに行くのが最適だ 一時期の熱狂ぶりではないものの、ドローン市場はまだまだ活況でCESでの展示は、150社を超える。技術的にもデザイン的にも新しいも... 続きを読む

ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

ワークホース・グループは、SureFly™ オクトコプター(世界初の個人用電動オクトコプター)を展示した。 CESは私達の三つの新しい最高級品を披露するのに完璧な場だ。... 続きを読む

AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2018]

昨年、CESでドローン界隈で話題をさらったのが、iPhoneケースに収るAirSelfieが実際に飛行していることだった。 ▶︎あのドローン付iPhoneケースAirSelf... 続きを読む

DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む