HighGreat、SnapDragon搭載4Kカメラドローンを2機種出展 [CES2018]

2018-01-17 掲載
左がHESPER、右がMARK

ドローンで安定した自律飛行を実現するには高性能チップセットは欠かせない。深センのドローンメーカーHighGreatは展示会に先駆けてプレス向けに開催されるプレイベント「Unveiled」で、QualcomのSnapdrafonを搭載した4Kカメラドローン、「HESPER」と「MARK」の2機種を新製品として出展した。

いずれも4Kビデオ撮影とメモリクルーズモードそ備え、専用コントローラかスマホかいずれかで操作する。スマホではディスプレイいっぱいに撮影画面が表示されるので映像を確認しやすい。ポイントは安定した飛行性で、そこそこ強い風が吹いていても上位機種と同じぐらいブレのない空撮ができる。飛行時間がいずれも18分と短めなのは、安定した飛行を実現するためで、条件がよければもう少し長くなるかもしれないとのこと。

HESPERは全体が240mm、本体は145x75x49mm。取り外し可能なバッテリーは1,950mAhの容量があり、重さは320g。トラッキング機能付でGPSを搭載。コントロールできる距離は120mあるのでかなり高い位置からの撮影ができる。価格は499ドルで3月に発売開始予定。

CES18_HighGreat04.jpg

MARKは本体の上部に付いたクリップにローターを格納できるようになっていて、サイズも全体で180mm、本体は148x148x48mmで重さは199gとポケットに入れて持ち歩ける。こちらも取り外し可能な1,300 mAhバッテリーを搭載。コントロールできる距離は60m程度なので、ちょっとした空撮をしたいという場合に使えそうだ。価格は299ドルでこちらは4月からの発売を予定している。MARKの飛行動画はこちら。

▶︎HighGreat
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む