AEE、AEESELFLYを初披露!なぜか合わせてAirSelfie2も。セルフィードローン2機種を展示 [CES2018]

2018-01-22 掲載

昨年、CESでドローン界隈で話題をさらったのが、iPhoneケースに収るAirSelfieが実際に飛行していることだった。

▶︎あのドローン付iPhoneケースAirSelfieが現実化!日本でも販売か?[CES2017]

今となっては珍しくもないが、まだ一年しか経っていない。鳴り物入りで披露されたAirSelfieも国内でも販売が始まったが、深センのドローンメーカーAEEの販売チャンネルでCES2018でAirSelfie2のお披露目となった。

飛行時間が倍になったAirSelfie2

そのAirSelfieファウンダーのエドアルド・ストロッピアーナ氏が「あれは絶対に飛ばないよ!」と敵視していたSELFLY.cameraもAEEが引き受けAEE.SELFLYとしてお披露目となった。かつてのライバルが再編され同じ企業から販売されることになった。まさしくAEEのセルフィードローン一網打尽である。用意されている対応機種は、iPhone 6/7/8 plus/X、Galaxyがラインナップされている。カメラは、1080p/60fps( Telloより高スペック)。約30分の充電で、約4分の飛行が可能。飛行距離は約15メートル。しかしセルフィー撮影用であれば十分だろう。価格も130$で間も無くリリース予定だという。

▶︎AEE
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

AEEから最大40分間の飛行可能なMach 4 UAV発表 [Xponential2018]

コンシューマから軍事向けまで幅広く取り扱う中国深圳のドローン商社AEE Aviation Technology社もXponential2018に参加。AEEは、Mach4を発表した... 続きを読む

ブルーイノベーション、AEEと連携しオリジナルドローンによるパイロット支援システムを新規展開

ブルーイノベーションはShenzhen AEE Technology CO.,LTD(以下AEE)と連携し、オリジナルドローンによるパイロット支援システムを開発し、ドローン教育・安... 続きを読む

Skydio、初製品R1を発表 セルフィードローンの夢を乗せて!

Skydioは、2014年にカリフォルニア州レッドウッドシティに設立された。人間の手と心を解放する飛行ツールを製造するロボティクスカンパニー。IVP、Playground Glob... 続きを読む

さよならだけが人生だ。GOPRO ドローン撤退 [CES2018]

抽選会以外は人がまばらなGoProブース 製品に罪はない…。1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止... 続きを読む

CES2018総括:ドローン市場は地上へ水中へ用途拡大。どこで何にどう使うか細分化も進む[CES2018]

ドローンの今を知るにはCESに行くのが最適だ 一時期の熱狂ぶりではないものの、ドローン市場はまだまだ活況でCESでの展示は、150社を超える。技術的にもデザイン的にも新しいも... 続きを読む