ワークホース社、有人オクトコプターSureFlyをCES2018で披露 [CES2018]

2018-01-24 掲載

ワークホース・グループは、SureFly™ オクトコプター(世界初の個人用電動オクトコプター)を展示した。

CESは私達の三つの新しい最高級品を披露するのに完璧な場だ。テクノロジーに詳しい方々が世界中からCESを見に来くることを知っているので、Sureflyをはじめ、新型のN-Gen低車高電動配送バンやW-15 型電動ピックアップトラックを披露できることをとても楽しみにしている。

ワークホース社の代表取締役社長スティーブ・バーンズ氏は語った

Sureflyは世界初の個人用ハイブリッド電動オクトコプターで、6月にパリ・エアー・ショーで世界に初めて公開された。そしてCESでのお披露目が北米初の公開になる。Sureflyのエンジニアはヘリコプターを新たに考案した。通常のヘリコプターと比べ、Sureflyはより安全で安定したものとなっている。余剰にも思われるデザインは4つのプロペラアームに加え、各アームには2重反転ローターが実装されている。それだけではなく、エンジン不良に備えてモーターを動かすためのバックアップバッテリーやもしもの場合に機体を安全に着陸させるパラシュートまでついている。Sureflyは現在、連邦航空局からの飛行許可待ちである。

Sureflyのハイブリッド型デザインはワークホース社のバッテリーパックプラットフォームやマネジメント管理システムに影響を与えた。それらは現在、拡張バッテリー搭載の中型車に使用されている。その中型車には発電用ガス燃焼型機体エンジンと豊富なバックアップを提供する並列バッテリーパックが搭載されている。この独特な総パワーシステムデザインにより、フライト間で長時間バッテリーを充電する必要がなくなるのだ。

Sureflyを見たパイロットはドローン操縦用の操縦レバーに似たレバーで操縦できるというパイロットに優しいデザインを気に入った。Sureflyはパイロット、乗客または貨物を最高70マイル運べるようになることが期待されている。短時間の充電でSureflyはすぐ次のフライトに出ることができる。初期モデルはパイロットにより操縦されるが、目標としては、最高400ポンド(約1.8トン)を運送可能な自動操縦型の将来モデルを発表したいと考えている。Sureflyの市場は精密農業、緊急出動、通勤者そして軍隊になると予想されている。希望価格は約20万ドルで、ワークホース社は現在予約受付中である。

▶︎WorkHorse

関連する記事

中国eコマース大手のJD.com、インドネシアで初の政府承認ドローンの飛行を実施

皆さんは、JD.com(京東商城)をご存知だろうか?中国のAmazonとも言える企業である。CES2019でも一際目を引くような大きなブースで存在感を誇っていた。Wikipedia... 続きを読む

Micro Drone 4.0 満を時して登場!Telloの値段でSparkの機能実現は本当か? [CES2019]

Extreme Fliers社は、2015年にMicroDrone3.0をリリースし、当時黎明期であったトイドローン業界にで名を馳せた。当時から低価格で、小型でFPVや安定した飛行... 続きを読む

悪夢再び?Lily名前を変えて再登場!SEONが空を飛ぶ![CES2019]

憎まれっ子世に憚る。人騒がせなあのLilyはしぶとく生きている。Lilyを世に出そうとしたLily robotics社は、2017年6月に小型ドローンでおなじみのMota Grou... 続きを読む

CES2019総括:安定期に入ったドローン市場。運ぶ、測る、飛ばすで用途明快[CES2019]

LVCCサウスホールのドローン出展エリア CESにおけるドローンのポジションは安定期に入ったと言えそうだ。出展数は全体で70程度と数こそは少ないものの注目カテゴリの一つにあげ... 続きを読む

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む