ドローンラボ、「Intel Falcon 8+」国内販売開始!実機を展示。[第4回国際ドローン展]

2018-04-20 掲載

4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、インテルのプロフェッショナル業務向けドローン「Intel Falcon 8+」の販売パートナーである株式会社ドローンラボが出展、国内で初となる実機を公開した。

参考:IntelクルザニッチCEO基調講演:データ活用によって世界はさらに広がる [InterDrone2017]

Falcon 8+は黄色いボディの上にカーボンファイバー性のバーを2本V字型に載せ、その上に4つのローターが計8つ並ぶVフォーム・オクトコプターと呼ばれる独特なスタイルをしたドローンだ。インテルはピョンチャンオリンピックでも話題になったほど高度なドローン用飛行システムを開発しており、高度な障害物回避機能を持つRealSenseテクノロジーによって本格的な過酷な条件下でも抜群に安定性のある飛行性能を発揮する。

付属品はIntelコクピットコントローラとバッテリー、計量用と点検用の2種類のペイロードで、ペイロードは簡単に交換できる。測量用ペイロードには36Mピクセルの高解像度を持つソニーα7Rを搭載。点検ペイロードにはフルサイズセンサーのRGBカメラと軍用レベルの赤外線撮影が可能なFLIR Tau 640の両カメラを搭載している。連続飛行時間は20分程度だが、2本使用するバッテリーの片方だけ入れ替えるようにすることで、本体に登録した飛行ルートなどのデータを維持したまま繰り返し飛ばせる。

実機を見た印象は想像以上にコンパクトで、全体的に華奢な印象だが、手で抱えて持てるほどの軽さながら耐久性にも優れている。独特のデザインなのでコントロールが難しそうに見えるが、ドローンラボはドローン大学校も運営しており、高度な測量をする技術も含めて教育の場を提供できるとしている。

昨年に欧米市場されてから日本でも注目を集め、国内での販売が期待されていただけあって、展示会初日から来場者の反響は高く、販売に向けて手応えを感じているとのこと。そうした来場者の反応を見ながら発売準備を進めており、取材時点で価格や発売日はまだ未発表だが、6月頃から約300万円を予定している。

▶︎ドローンラボ

関連する記事

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経... 続きを読む