東京航空計器株式会社、オリジナルドローンGNAS SKYシリーズを2モデル展示 [第4回国際ドローン展]

2018-04-20 掲載

東京航空計器株式会社は4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、同社が独自開発するドローンのプロトタイプを2機出展した。

同社はこれまで、主にドローン用のモーションセンサーなど裏方的立ち位置で展示会に出展してきたが、以前からドローン開発を手がけており、本体を展示したのは初めて。今後はGNAS SKYシリーズというブランドで発売を行う予定で、今回はシングルローターヘリコプタータイプの物資輸送用UAV「GNAS SKY CARRIER Model」と、クワッドマルチコプタータイプの産業用UAV「GNAS SKY MULTIPURPOSE Model」の2タイプを出展している。

特に目立っていたのがカーボンファイバー性の黒いシャープなデザインをしたGNAS SKY CARRIER Modelで、ヘリコプタータイプならではのパワフルで安定した搬送力を持ち、宅配サービスで標準となるボックスがすっぽり入れられるようキャリー部分が設けられている。そのキャリー部分の大きさと搬送物の最大重量などを元に全体の機体が設計されており、ローターの長さは1800mm、全体重量は10kg、ペイロードは5kgまでの荷物を運べる。最高時速100kmで30分間、悪天候でも安定して荷物を運べる飛行性能を持っていることから、災害時や緊急時に何度も繰り返し物資を素早く運ぶことができる。

現時点ではあくまでも参考出展で実証実験もこれから行うといい、最終的にどのような形で製品を発売するかはまだ未定だという。そうした今後の開発や販売のパートナー探しも兼ねて、今回の初出展となった。

▶︎東京航空計器株式会

関連する記事

東京航空計器株式会社、GNAS SKYシリーズ2機を海外初展示 [Xponential2018]

東京航空計器株式会社は2018年5月1日(火)~3日(木)まで、米国デンバーにて開催中の世界最大規模の無人システムとロボット技術の国際展示会「AUVSI Xponential 20... 続きを読む

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む