広範囲をゆっくり安全に飛ぶ調査用カイトプレーン「きょくうん」を出展。量産を目指す [第4回国際ドローン展]

2018-04-20 掲載

不動産調査を専門にする株式会社四門は、4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、計測調査を安全に行うカイトプレーンドローンを出展した。

カイトプレーンはハングライダーのような翼を持ち、固定翼タイプよりゆっくり移動でき、ロータータイプより広範囲を飛行できるという、両者の中間のようなタイプで、エンジンが止まってもカイトを使って地上に着陸できるため、広範囲をゆっくりと安全に調査するのに向いている。同社では補償コンサルタント事業で派生する地質測量や大気調査などにドローンを活用しており、「きょくうん」と名付けられた気球浮揚電動カイトプレーンを利用してきた。利用実績もいろいろあり、1992年に長崎県雲仙岳が噴火した際にはNHKの依頼で空撮を行ったのをはじめ、南極大陸の大気サンプリングにも使用されている。また、現在は森林火災の消防活動に使えるかを検証する実験も行っている。

用途にあわせて適切なペイロードボックスを設計でき、ガソリン燃料タイプは5kgの重さ(燃料別)を乗せて最長2時間飛行できる。電動用も開発されており、1200mmので8kg(バッテリー別)で最長1時間飛行できる。これまでは依頼にあわせて製造を行っていたためほぼ手作りで、展示されていた実機も木製の骨組みに帆の部分も手縫いされているような印象だった。今後はニーズにあわせて量産を行うことを目指しており、同じく開発中の深浅計量ボートと組み合わせて、まだ手作業で行われることが多い水辺の計測などに活用する予定だ。

▶︎株式会社四門

関連する記事

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経... 続きを読む