アイサンテクノロジー/岡谷鋼機、PRODRONE機体を使った点群編集ソリューション [第4回国際ドローン展]

2018-04-22 掲載

測量、測位関連の機器やソリューションを販売するアイサンテクノロジーは、ドローンを使った大規模三次元点群高速編集ツールを出展した。

同社ではMMS(モービルマッピングシステム)を中心にした高精度な三次元地図を作製するソリューションを提供しているが、空からデータを得るツールとして、岡谷鋼機の高密度3Dレーザースキャナーを搭載したドローン「Winser」と、可視光の写真撮影が可能なスカイマティクスの全天候型マルチコプター「X-S2(クロス・エスツー)」を販売している。

「Winser」と「X-S2」はいずれもプロドローン製の「PD4-AW」「PD6-AW」をベースにしたもので、雨天でも飛行ができる全天候型となっている。今回はこれらから得られた情報を基に三次元点群が編集できる、同社オリジナルのソフト「Wing Earth」を組み合わせた「UAVパッケージ」を提案していた。このドローンとソフトの組み合わせによって、i-Constructionに対応したデータ作成ができる。

Wing Earthは国交省の「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要綱(土工編)(案)」と「地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)」に準拠したソフトで、点群編集、出来形計算、成果出力機能を備えている。大量点群の高速表示が可能で、地上にある人物、自動車、樹木を自動的に認識して、それらの点群のみをまとめて削除することができるのが特徴だ。ブース内では「グランドフィルタリング」と呼ばれるこの機能を中心に、ソフトのパフォーマンスを紹介していた。

▶︎アイサンテクノロジー

関連する記事

PRODRONE、ドローン通信の高秘匿化で電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西澤氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRODRONE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

PRODRONE、対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」にかける思いとは?[JapanDrone2019]

PRODRONEは、対話型救助パッセンジャードローン「SUKUU(スクー)」を開発し「ジャパン・ドローン2019」に初出展を行う。いち早くパッセンジャードローン構想を打ち出して来た... 続きを読む

PRODRONE、多くの企業でPRODRONE機体採用、全16機体、新型6機体の発表 [JapanDrone2019]

PD8X(各種センサー標準装備の折りたたみ式ダブルローター8枚機) 株式会社プロドローンは、3月13日~15日幕張メッセ(千葉県)にて開催される「ジャパン・ドローン2019」... 続きを読む

KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

KDDIは、モバイル通信ネットワークを利用し、安全運用を可能な「スマートドローン」で、監視や点検作業の効率化・低コスト化を実現する用途別ソリューションのサービスを6月開始する。 ... 続きを読む