DRONE

中日本ハイウェイENG東京/名古屋、高速道路の安全を支える橋梁点検ドローン [第4回国際ドローン展]

中日本ハイウェイENG東京/名古屋、高速道路の安全を支える橋梁点検ドローン [第4回国際ドローン展]

高速道路の維持管理を行っている中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京と中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋は、共同で同社が現在行っている高速道路点検ソリューションの技術を公開していた。同社では現在までに高速道路の橋脚や床板といった構造物の点検をドローンで行うべく、さまざまな実証実験を行ってきている。

今回出展していた「構造物点検調査ヘリシステムSCIMUS」は、従来、地上や橋梁上から高所作業車等を使って作業者が目視で行っていた点検を、ドローンで写真を撮影し、その画像から不具合箇所を特定するというもの。

ブース内に展示されていたのは4ローターの900mmクラスのドローンで、そのうちの1基は床板を地上側から撮影する機体。機体上面にジンバル付きかめらを搭載しており、ここで撮影した映像を地上で監視できる。操縦は無線ではなく電源と共にコントローラーとつながったケーブルを介して行う。また懸垂治具を用いることで、高架橋の上から壁高欄や遮音壁などの障害物越しの運用も可能だという。

もう一機は高橋脚の点検に用いる機体で、前方にステレオカメラを搭載し、橋脚との距離を一定に保つことが可能。また、カメラを搭載部は左右に回転するようになっており、機体を回転させることなくカメラアングルを変えることができる。

いずれも現時点では実証実験段階で、さらに開発を進めながらドローンによる点検のガイドラインができることと並行して、実際の点検作業に利用していきたいという。

Return Top