エンルート、インテリジェントバッテリーの採用が進むドローン製品群 [第4回国際ドローン展]

2018-04-22 掲載

日本のドローンのパイオニアとして、さまざまな産業向けドローンをリリースしているエンルートは、農薬散布や測量の用途向けの機体や、最新の汎用ドローンなど、多数の製品をブース内に所狭しと並べて披露していた。

「AC940-F」は同社が販売していた農薬散布ドローン「AC940-D」を全面刷新したモデルで、6ローターを備えた容量4.5lのタンクを擁するドローンだ。50aの散布に対応しており、旧型に対して新型のタンクは4.5lに小型化。さらに最大の違いは、同社が最新モデルに採用を進めているNEC製のインテリジェントバッテリーを採用していることだ。バッテリーの充電は付属の4個対応型充電器で行い、機体への搭載にはコネクタを接続するといった作業が不要となっている。また、旧型に対して全体的にスマートなデザインとなっているのも大きな違いだ。

参考出品としていたのは4ローターの小型汎用機「QC730-F」だ。こちらも「AC940-F」同様、従来の「QC-730」のバッテリーをNEC製のインテリジェントバッテリーに換装したもので、同時にウェッジシェイプのカウリングを採用するなど、各部にブラッシュアップが施されている。ただし参考出品のため詳細は公開されていない。

「QC730-TS」は汎用機「QC-730」をベースに、トプコンのTSトラッキングUASキットを搭載した測量専用機。トプコンのトータルステーションユニット(別売)と組み合わせて運用することで、現場に標定点を設置することなく測量が可能となる。ドローンのGNSSの情報を使う場合、レンズの位置と機体に取り付けられたGNSS用アンテナとの間隔の差が生じるが、TSトラッキングUASの場合、機体に搭載されたカメラのレンズ脇に取り付けられたプリズムをトータルステーションが自動的に追尾しながら位置を特定するため、より誤差の少ない測量が可能となるというものだ。

プロペラガード付きの汎用機「PG700」をベースに、有線給電としたモデル。すでに橋脚やトンネル、建物の点検といった分野で利用されている。

▶︎enRoute

関連する記事

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナ... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経... 続きを読む