ブイキューブロボティクス、無人で24時間365日設備点検が可能な全自動ドローンシステム「DRONEBOX」 [第4回国際ドローン展]

2018-04-23 掲載

ブイキューブロボティクスの展示ブースには、ドローンが載った巨大な格納ボックスと、実証実験用ドローンの2機が展示されていた。そのひとつは、昨秋に世界初商用サービス提供の開始をアナウンスした、全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX(ドローンボックス)」だ。このDRONEBOXは、ドローンの機体とそれが自動で離着陸したり充電を行う“箱”(基地)が一体となったもの。

例えば太陽光発電所に設置しておけば、定期的にドローンが離陸してパネルを上空から撮影し、自動的に基地に帰還。次の飛行に備えて充電を行うと同時に、データはクラウドにアップロードされるというものだ。このシステムはシンガポールのH3 Dynamic社の製品で、今年8月にはさらにアップデートされたものが運用を始めるという。

もう一機のドローンは今年3月19日に、宮城県仙台市で実施された「ドローンを活用した津波避広報の実証実験」で使用された機体だ。本機は大津波警報のJアラートメールを受信することで自動的に離陸し、事前に設定された経路を飛行しながら、機体に取り付けた大型スピーカーから避難広報を行うというもの。機体からの映像伝送と飛行制御はNTTドコモのLTE回線を使用しており、災害対策本部ではこの映像を見ながら状況に応じて直接避難を呼びかけることも可能だ。

▶︎V-CUBE ROBOTICS

関連する記事

深化するドローンの世界。より専門分野への展開が広まる〜総括編 [第4回国際ドローン展]

4回目を迎えた国際ドローン展の現場から 第4回目を迎えた国際ドローン展。第1回目からDRONE.jpでも取り上げているが、今回の傾向をひと言で評すると「ビジネス化がさらに進んでい... 続きを読む

SkyLink Japan、3月から取り扱いを始めたFLIRのドローン用赤外+可視光カメラ [第4回国際ドローン展]

毎年、会場入り口の目立つ場所に展示ブースを構えているSkyLink Japan。DJI製品やPhase One製品の取り扱いで知られる同社は、3月から取り扱いを開始した赤外線カメラ... 続きを読む

自律制御システム研究所、二重反転12ローターの流量観測用やビジュアルSLAM搭載の小型ドローンなど新製品を展示 [第4回国際ドローン展]

日本を代表するドローンメーカーの1つがACSL(自律制御システム研究所)。同社では産業用プラットフォーム(ドローン)「PF1」をベースに、建物・インフラ点検用「PF1-Vision... 続きを読む

西武建設・芝浦工業大学、昨年4月に公開された「吹付ドローン」の進化を紹介 [第4回国際ドローン展]

西武グループのゼネコンである西武建設は、昨年4月に世界初となるドローンを活用した建造物の補修技術を芝浦工大と共同開発したことを発表している。今回の国際ドローン展では、その後の開発経... 続きを読む

エンルート、インテリジェントバッテリーの採用が進むドローン製品群 [第4回国際ドローン展]

日本のドローンのパイオニアとして、さまざまな産業向けドローンをリリースしているエンルートは、農薬散布や測量の用途向けの機体や、最新の汎用ドローンなど、多数の製品をブース内に所狭しと... 続きを読む