AEEから最大40分間の飛行可能なMach 4 UAV発表 [Xponential2018]

2018-05-07 掲載

コンシューマから軍事向けまで幅広く取り扱う中国深圳のドローン商社AEE Aviation Technology社もXponential2018に参加。AEEは、Mach4を発表した。機体の大きさの割にペイロードが高く有能な商用UAVで、法執行、捜索や救助、検査や調査分野のプロフェッショナル向け。本体は高さ約60cmで価格は約5,500ドル、時速48km近いスピードでの飛行が可能。最大40分間の飛行が可能。

フライトコントロールのための、1.4GHzのY-12グラウンドステーションコントローラーが付属している。また、このドローンのセットにはアルミニウムキャリーケース、充電器、電池パック、グラウンドステーション備え付けのアンテナ三つが入っており、アンテナは、5.8GHzのビデオ通信、1.4GHzのデジタルラジオシステムをサポートする。1/2.3メガピクセルセンサーのついたスタンダード4KカメラであるYT35のついたこのMach 4は、鮮明かつ綺麗な映像通信を可能にするように設計された。捜索・救助活動や検査のため、10対1のズームカメラや、光学的熱分析器の搭載も可能。

Mach 4を世界中の顧客に届けることができて嬉しいです。商用UAV産業のレベルを上げ、価値を再定義できればと思います。一つの鍵となる強みは、Mach 4が長時間フライトが可能なことです。また、グラウンドステーションコントローラーも、この値段で手に入るのは、他の似たような商品と比べてもずば抜けて優秀だと思います。

AEE社の設立者兼CEOであるAndy Zheng氏は語った。

▶︎AEE

関連する記事

DJI、エコシステムを拡充する新製品とパートナーシップを発表[AirWorks 2018]

今回で三度目の開催となる「DJI AirWorks 2018」がテキサス州ダラスで開催中だ。DJIはそこで、ハードウェアとソフトウェアの新製品と戦略的パートナーシップを発表した。D... 続きを読む

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

音声アシスタントやハンドジェスチャーなど機能で魅せる〜欧州最新ドローン市場の動き [IFA 2018]

欧州最大のコンシューマ家電国際見本市IFA2018開催 1月にラスベガスで開催されるCESに並ぶ世界最大級のコンシューマ家電国際見本市として知られるIFAが、8月31日から9月5... 続きを読む