AEEから最大40分間の飛行可能なMach 4 UAV発表 [Xponential2018]

2018-05-07 掲載

コンシューマから軍事向けまで幅広く取り扱う中国深圳のドローン商社AEE Aviation Technology社もXponential2018に参加。AEEは、Mach4を発表した。機体の大きさの割にペイロードが高く有能な商用UAVで、法執行、捜索や救助、検査や調査分野のプロフェッショナル向け。本体は高さ約60cmで価格は約5,500ドル、時速48km近いスピードでの飛行が可能。最大40分間の飛行が可能。

フライトコントロールのための、1.4GHzのY-12グラウンドステーションコントローラーが付属している。また、このドローンのセットにはアルミニウムキャリーケース、充電器、電池パック、グラウンドステーション備え付けのアンテナ三つが入っており、アンテナは、5.8GHzのビデオ通信、1.4GHzのデジタルラジオシステムをサポートする。1/2.3メガピクセルセンサーのついたスタンダード4KカメラであるYT35のついたこのMach 4は、鮮明かつ綺麗な映像通信を可能にするように設計された。捜索・救助活動や検査のため、10対1のズームカメラや、光学的熱分析器の搭載も可能。

Mach 4を世界中の顧客に届けることができて嬉しいです。商用UAV産業のレベルを上げ、価値を再定義できればと思います。一つの鍵となる強みは、Mach 4が長時間フライトが可能なことです。また、グラウンドステーションコントローラーも、この値段で手に入るのは、他の似たような商品と比べてもずば抜けて優秀だと思います。

AEE社の設立者兼CEOであるAndy Zheng氏は語った。

▶︎AEE

関連する記事

Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドロ... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久... 続きを読む

CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している... 続きを読む

日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパ... 続きを読む