AEEから最大40分間の飛行可能なMach 4 UAV発表 [Xponential2018]

2018-05-07 掲載

コンシューマから軍事向けまで幅広く取り扱う中国深圳のドローン商社AEE Aviation Technology社もXponential2018に参加。AEEは、Mach4を発表した。機体の大きさの割にペイロードが高く有能な商用UAVで、法執行、捜索や救助、検査や調査分野のプロフェッショナル向け。本体は高さ約60cmで価格は約5,500ドル、時速48km近いスピードでの飛行が可能。最大40分間の飛行が可能。

フライトコントロールのための、1.4GHzのY-12グラウンドステーションコントローラーが付属している。また、このドローンのセットにはアルミニウムキャリーケース、充電器、電池パック、グラウンドステーション備え付けのアンテナ三つが入っており、アンテナは、5.8GHzのビデオ通信、1.4GHzのデジタルラジオシステムをサポートする。1/2.3メガピクセルセンサーのついたスタンダード4KカメラであるYT35のついたこのMach 4は、鮮明かつ綺麗な映像通信を可能にするように設計された。捜索・救助活動や検査のため、10対1のズームカメラや、光学的熱分析器の搭載も可能。

Mach 4を世界中の顧客に届けることができて嬉しいです。商用UAV産業のレベルを上げ、価値を再定義できればと思います。一つの鍵となる強みは、Mach 4が長時間フライトが可能なことです。また、グラウンドステーションコントローラーも、この値段で手に入るのは、他の似たような商品と比べてもずば抜けて優秀だと思います。

AEE社の設立者兼CEOであるAndy Zheng氏は語った。

▶︎AEE

関連する記事

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルー... 続きを読む