PRODRONE、 折りたたみ式中型ダブルローター8枚機「PD8X」を発表 [Xponential2018]

2018-05-07 掲載

株式会社プロドローン(以下PRODRONE)は、2018年5月1日(火)~3日(木)まで、米国デンバーにて開催中された世界最大規模の無人システムとロボット技術の国際展示会「AUVSI Xponential 2018」において新開発の中型ダブルロータープラットフォーム8枚機「PD8X」を出展した。

「PD8X」は、ペイロードを必要とする小型レーザー測量機やジンバル、軽物資輸送や測定器機などを搭載するに最適な機体として製作された。

デザインされた折りたたみ式プロペラガード

産業用ドローンとして必要な各種センサー類を標準装備し、また可搬性を高める為にダブルローターとし、またローターアームも折りたたみ式採用によって、中型機でありながら僅か50cm四方サイズとなり非常にコンパクトな機体を実現している。

折りたたむと50cm四方のコンパクトさになる。

標準装備として4つのセンサー類とパラシュートを装着。正面方向にはステレオカメラとソナーの2つのセンサーを用いて衝突防止/回避機能を持たせ、下部にはレーザーとオプティカルフローを取り付けることにより、ビジョンポジショニング(自己位置検出)を図っている。

パラシュートは基本装備

また搭載されるセンサー類はモジュール化を図り、容易に機能のバージョンアップが行なえる設計となっている。

■仕様(暫定)
    モーター軸間距離 : 1284mm
    最大ペイロード : 8kg
    機体重量 : 7.0kg
    最大速度 : 60km/h
    全高 : 545mm
    飛行可能風速 : 10m/s
    プロペラ直径 : 534.4mm
    飛行時間 : 10分
    バッテリー : 16000mA x 4
    耐水性能 : 雨天飛行可
    その他 : 搭載センサー:ステレオカメラ(Depth FOV 91.2°(H)×65.5°(V)×100.6°(D))、ソナー(計測距離最大10000mm)、レーザー(検出距離25m/50m/120m)、オプティカルフロー
▶︎PRODORNE

関連する記事

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤選手が14連覇、FAI/F3C 日本選手権2019開催

PRODRONE製PDH-02Cを使用している選手たち 写真右から、伊藤雅紀選手(19位)、鵜飼大樹選手(12位)、須釜一博選手(27位)、煤田義広選手(32位)、森安伸選手(1... 続きを読む