FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開 [Xponential2018]

2018-05-09 掲載

映画の世界になくてはならない無人ヘリコプターのデザイン・生産分野で世界トップであり、プロフェッショナルドローン映像サービスの先駆者であるFLYING-CAM社は30周年記念を迎えた。

今回、アメリカのデンバーにて開催されたXponential2018では、最新製品のthe DISCOVERYを初公開した。

DISCOVERYは、これまでの製品の中でも一番大きく全長約3M、ペイロード30Kgで1時間の飛行が可能だ(通常は10Kgで1時間半の飛行が標準であるという)。またオートパイロットも強化されより安全さも向上したという。これまで「ハリーポッター」、「007」など多くの映画作品の空撮を手がけてきたFLYING-CAMが満を持して送り出したといえよう。

同社の設立者兼CEOであるEmmanuel Previnaire氏によれば、オスカー賞を2回、エミー賞を1回受賞したFLYING-CAM社は、

プロフェッショナルなアプローチで常に最高のものを求めてきた。一般的な飛行関係の知識と技術を用い、今後も我がエンジニア達を頂点に立たせ続ける。それが今回のthe DISCOVERYにも現れているでしょう

映画がフィルムからデジタルへ進化してもその時代に合わせてFLYING-CAMは進化を遂げてきた。2014年のオスカー科学&エンジニア賞は、Flying-Cam社が開発したSARAHが受賞した。今後のロボットに遅れをとらない製品だ。

引用によれば、「他に例を見ないほどの精巧さを持つFlying-CamのSARAHは、標準サイズのヘリコプターやケーブルシステム、これまでのカメラサポートでバイスではできなかった飛行が可能」である。驚くほど優れた有効搭載量と耐久性により、Flying-Camの無人ヘリコプターは、低高度・高高度、強風、異常気温、難しい地形においても、比類ない安定性と方向転換性を持つ。その歴史は新製品に受け継がれている。

当時映像業界を席巻したFlying-Cam 1

飛行規則を厳格に守り、30年間、76カ国以上で1000以上のプロジェクトを行ってきたFLYING-CAM社は、現在「Super Drones」であるSARAH、そして今回公開されたDISCOVERYを展開している。プラットフォームの品質に合うよう、入念に選出された最先端のセンサーが統合されている。エンターテイメント産業、国の安全保障、高精度遠隔探知等、様々な分野に対応している。

19881年にベルギーのリエージュで設立されてから、FLYING-CAM社は今日香港とロサンゼルスにも拠点を置いている。そして今年2018年中国にも拠点を置いた。映画を中心にエンターテイメント産業にはなくてはならないFLYING-CAM社の勢いは止まらない。

▶︎FLYING-CAM

関連する記事

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む

[Report Now] DJI Mavic Air 2はどのように生まれたのか?コロナ禍での開発秘話を聞く

DJI Mavic Air 2開発の裏で こう来たか!と毎度DJIの製品には驚かされてばかりだ。Mavic Air 2は、4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影で... 続きを読む

AUVSI XPONENTIAL 2020、延期開催日を三度、8月から10月へ変更。開催地もボストンからダラスへ

5月にボストンで開催予定だった世界最大のドローン展示会「AUVSI XPONENTIAL 202(以下:XPONENTIAL 2020)」は、新型コロナウイルス拡大のため、主催者側... 続きを読む

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む