FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開 [Xponential2018]

2018-05-09 掲載

映画の世界になくてはならない無人ヘリコプターのデザイン・生産分野で世界トップであり、プロフェッショナルドローン映像サービスの先駆者であるFLYING-CAM社は30周年記念を迎えた。

今回、アメリカのデンバーにて開催されたXponential2018では、最新製品のthe DISCOVERYを初公開した。

DISCOVERYは、これまでの製品の中でも一番大きく全長約3M、ペイロード30Kgで1時間の飛行が可能だ(通常は10Kgで1時間半の飛行が標準であるという)。またオートパイロットも強化されより安全さも向上したという。これまで「ハリーポッター」、「007」など多くの映画作品の空撮を手がけてきたFLYING-CAMが満を持して送り出したといえよう。

同社の設立者兼CEOであるEmmanuel Previnaire氏によれば、オスカー賞を2回、エミー賞を1回受賞したFLYING-CAM社は、

プロフェッショナルなアプローチで常に最高のものを求めてきた。一般的な飛行関係の知識と技術を用い、今後も我がエンジニア達を頂点に立たせ続ける。それが今回のthe DISCOVERYにも現れているでしょう

映画がフィルムからデジタルへ進化してもその時代に合わせてFLYING-CAMは進化を遂げてきた。2014年のオスカー科学&エンジニア賞は、Flying-Cam社が開発したSARAHが受賞した。今後のロボットに遅れをとらない製品だ。

引用によれば、「他に例を見ないほどの精巧さを持つFlying-CamのSARAHは、標準サイズのヘリコプターやケーブルシステム、これまでのカメラサポートでバイスではできなかった飛行が可能」である。驚くほど優れた有効搭載量と耐久性により、Flying-Camの無人ヘリコプターは、低高度・高高度、強風、異常気温、難しい地形においても、比類ない安定性と方向転換性を持つ。その歴史は新製品に受け継がれている。

当時映像業界を席巻したFlying-Cam 1

飛行規則を厳格に守り、30年間、76カ国以上で1000以上のプロジェクトを行ってきたFLYING-CAM社は、現在「Super Drones」であるSARAH、そして今回公開されたDISCOVERYを展開している。プラットフォームの品質に合うよう、入念に選出された最先端のセンサーが統合されている。エンターテイメント産業、国の安全保障、高精度遠隔探知等、様々な分野に対応している。

19881年にベルギーのリエージュで設立されてから、FLYING-CAM社は今日香港とロサンゼルスにも拠点を置いている。そして今年2018年中国にも拠点を置いた。映画を中心にエンターテイメント産業にはなくてはならないFLYING-CAM社の勢いは止まらない。

▶︎FLYING-CAM

関連する記事

Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドロ... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久... 続きを読む

CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している... 続きを読む

日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパ... 続きを読む