基調講演から始まるドローンの祭典InterDroneの模様は? [InterDrone2018] Vol.01

2018-09-10 掲載

ドローンのコンベンションの先駆けとなったInterDroneがラスベガスで2018年9月5日より8日まで開催された。DRONE編集部でも気になったトピックスを取り上げていく。初日は、安全法制のアドミニストレーターであるFAAのダン・エルウェル氏の基調講演で幕を開けた。

世界でも最も混雑しているアメリカの空域だが、この空域を有人の商業フライト、軍用フライト、貨物フライトなどと同じくUAVでも使用するため、いかに安全に留意して運用することが大事かを強調した講演となった。エルウェル氏は、以下のように述べた。

RemoteIDの仕組みなど、この会場にいらっしゃる業界リーダーの皆様と一緒に安全な運用に関して考えていきたい。FAAが望むのは、どこか一社が安全性の高い仕組みや機器を開発したらそれらを業界内外へシェアしてほしい。FAAは皆様のドローン業界のパートナーとして一緒に安全性を確立し、業界の未来が拓けることを願っています。

続いて登壇したPrecisionHawk(プレシジョンホーク)社CEOマイケル・チェイセンCEOは、ドローンによるデータの活用は次の段階に入ったと述べ、電気事業者向けのソリューションを拡充する一環として、HAZON SolutionsとInspectoolsを買収したことを発表した。

Hazonはこれまで13000箇所の検査業務を請け負っており、顧客のにはフォーチュン500企業が名前を連ねる。また、Inspectoolsは高効率なマシンビジョンソフトとデータ解析を用いたサービスを再生可能エネルギー企業に提供している。顧客の中には北カリフォルニア最大の電力会社PG&Eなども含まれている。

プレシジョンホークはこのほかにも保険市場向けのソリューション拡充のため、EagleView Technologiesとパートナーシップを築き、EagleViewが$75M(約82億円)出資ラウンドに参加したことも発表した。 またその他にも、BVLOS(目視外飛行)の許諾が今後大きなビジネスチャンスを拓いていくだろうと予想していた。

今年のInterDroneの模様をカンファレンスや展示ブースからを届けしていこう。

▶︎InterDrone

関連する記事

[Report Now!] FPV&プログラミング対戦で楽しみながら学ぶ!DJI RoboMaster S1新製品発表会

教育用途での注力が伺える「DJI RoboMaster S1」新製品発表会 「知力で、打ち勝て。」のキャッチコピーのもと発売された教育用ロボットDJI RoboMaster ... 続きを読む

エアロネクスト、SMD社と戦略的提携、物流用途「4D GRAVITY」搭載ドローン事業開発検討開始 [UAV Expo Shenzhen 2019]

深圳智航無人機有限公司 董事長 Edward Jin氏(左)、エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(右) 株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)と、深圳に拠点を... 続きを読む

エアロネクスト、MMCと戦略的提携、「4D GRAVITY」搭載ドローンで中国市場参入 [ UAV Expo Shenzhen 2019]

MMC 董事長 卢致辉氏(左)、エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(右)、UAV Expo Shenzhen 2019のプレス発表会にて 株式会社エアロネクスト(以下... 続きを読む

空から水・陸へ拡がる最新の農業ドローンたち「関西 農業ワールド2019」

西日本最大の農業総合展「関西 農業ワールド2019」が5月23日から24日の3日間、インテックス大阪で開催された。農業向けドローンの展示数はそれほど多くはないが、自律飛行による農薬... 続きを読む

[Report Now!] PRODRONE、新社屋へ移転。屋内試験飛行場を構え研究開発・製作まで全てがワンストップ。高い技術力で産業用ドローン業界を牽引

ドローン開発エンジニアの為に最高の開発環境を用意 名古屋を中心に日本全国へ、そして北米で活躍する産業用ドローンシステムソリューションカンパニーである株式会社プロドローン(以下... 続きを読む