DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

2018-09-12 掲載

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドローンのカスタマイズ」と題したカンファレンスを開催した。

スピーカーにはDJIのR&DからHai Vo氏が壇上に立ち、DJIのSDKを用いたカスタマイズの仕組みや事例を紹介していた。DJIのSDKはそれぞれ、アプリのUIなどをカスタマイズできるUXSDKや積載物をコントロールするPSDK,機体情報をカスタマイズするOSDK、MSDKなどがあり、様々な用途に合わせてカスタマイズが可能であるとのこと。

ドローンはSDKにより機能性が高まり、使用価値が高くなると訴えるVo氏の説明に参加者からの質問も相次いだ。やはり世界トップシェアのDJIだけあって、その機体をカスタマイズして産業用途に転用するニーズの高さが伺えた。

SDKの使用事例では、Onboard SDKを用いたAutoModalityの自律飛行ドローンや、MSDKとOSDKを用いたドローンが自己位置推定をしながら設定された林の中を障害物を自動的に避けながら飛ぶ事例などが紹介された。

DJIのデベロッパー登録は無料で下記URLから行える。DJI製のドローンを所有していて、自分だけのアプリや特定の業種に対応したドローンにカスタマイズしたい方はチャレンジしてみてはどうだろう。

また、先日中国で開催され、10月30日〜11月1日までダラスで第3回となるAIRWORKS USが開催されることも同時発表されたので、産業界に向けたDJIの動向を知りたい人は参加してみてはいかがだろうか?

▶︎DJI

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

音声アシスタントやハンドジェスチャーなど機能で魅せる〜欧州最新ドローン市場の動き [IFA 2018]

欧州最大のコンシューマ家電国際見本市IFA2018開催 1月にラスベガスで開催されるCESに並ぶ世界最大級のコンシューマ家電国際見本市として知られるIFAが、8月31日から9月5... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む