DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

2018-09-12 掲載

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドローンのカスタマイズ」と題したカンファレンスを開催した。

スピーカーにはDJIのR&DからHai Vo氏が壇上に立ち、DJIのSDKを用いたカスタマイズの仕組みや事例を紹介していた。DJIのSDKはそれぞれ、アプリのUIなどをカスタマイズできるUXSDKや積載物をコントロールするPSDK,機体情報をカスタマイズするOSDK、MSDKなどがあり、様々な用途に合わせてカスタマイズが可能であるとのこと。

ドローンはSDKにより機能性が高まり、使用価値が高くなると訴えるVo氏の説明に参加者からの質問も相次いだ。やはり世界トップシェアのDJIだけあって、その機体をカスタマイズして産業用途に転用するニーズの高さが伺えた。

SDKの使用事例では、Onboard SDKを用いたAutoModalityの自律飛行ドローンや、MSDKとOSDKを用いたドローンが自己位置推定をしながら設定された林の中を障害物を自動的に避けながら飛ぶ事例などが紹介された。

DJIのデベロッパー登録は無料で下記URLから行える。DJI製のドローンを所有していて、自分だけのアプリや特定の業種に対応したドローンにカスタマイズしたい方はチャレンジしてみてはどうだろう。

また、先日中国で開催され、10月30日〜11月1日までダラスで第3回となるAIRWORKS USが開催されることも同時発表されたので、産業界に向けたDJIの動向を知りたい人は参加してみてはいかがだろうか?

▶︎DJI

関連する記事

[Report Now!]OSMO ACTION発表会で実機を触ってきた感想あれこれ

OSMO ACTIONの全貌が!5月16日開催されたDJI JAPANの新製品「Osmo Action」発表会の様子をレポートします!発表会は虎ノ門にあるTHE COREで11時か... 続きを読む

DJI 、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載したハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を発売

DJIは、前面と背面にカラースクリーンを内蔵し、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載した同社初となるハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を2019年5月17日に発売... 続きを読む

DJI、OSMO ACTION発表!GoProを超えていく!?

いよいよ噂されていたOSMO ACTIONがアナウンスされた。いわゆるアクションカムでGoProとほぼ同じジャンルとなる価格は、税込み44820円。発売は、5月17日より。 ... 続きを読む

DJI、5月15日新製品発表会開催。水中ドローン?アクションカメラ?

DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。5月15日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。これまでもそのティザーにはヒントが隠されていた... 続きを読む

The 2019 AUVSI XCELLENCE Humanitarian Award、博愛的イノベーションで5つのパイオニア団体が受賞 [Xponential2019]

5月2日木曜日、第2回「XCELLENCE Humanitarian Award」で5団体が受賞し、人道的目的でドローンを使うパイオニアとしての功績が認められた。民間ドローンや航空... 続きを読む