白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

2018-09-13 掲載

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。

同社のUS-1は、プロペラ間660mmというDJIのインスパイア2を少し大きくしたくらいの筐体でありつつ2時間の飛行時間を実現したというから驚きだ。Impossile Aerospace社では、CTOに元テスラのエンジニアだったスペンサー氏を迎え、技術革新に取り組んできたという。ハードケースに入ったグラウンドステーションとコントローラーが入ったセットで14,000ドルで販売する予定とのこと。

テスラのフリーモント工場からも近い同じシリコンバレーのサニーベールで創業したImpossile Aerospaceだが、名前とは裏腹にバッテリーライフの不可能を可能にする未来を描いている。すでに9.4億円を調達したという。

▶︎Impossile Aerospace

関連する記事

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルー... 続きを読む